村山党の金子氏とは


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 金子氏はもともと平安時代末期・武蔵七党の一つ村山党の一族で、村山家範が入間郡金子郷に居住し、金子六郎を称して金子氏の祖となった。鎌倉・室町期に小沢城を領したようだ。
 
 1400年代に入り武蔵国国人として山内上杉氏に属した金子氏は、長尾景春に強力した。

 その後、入間の金子郷は安堵されていたようで、戦国時代には小田原北条氏に属している。
 
 豊臣秀吉小田原攻めでは、金子紀伊守家基が武蔵松山城を守るが降伏。
 
 金子三郎右衛門は八王子城内金子丸を守って討死している。
 
 その後、子孫は上杉景勝を頼り、京都守護代板倉勝重に仕え、のち毛利家に仕えた。

 スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
  2. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る