信長の野望【嵐世記】嵐世記ミッションチャレンジ攻略 ミッション21「石山合戦」


スポンサーリンク
スポンサーリンク

信長の野望 嵐世記 ミッションチャレンジ攻略 覇王の章からの続きです

信長の野望 嵐世記 ミッションチャレンジ攻略 ミッション21「石山合戦」

一月目

【外交コマンド】
・加賀畠山家に等級1の家宝を貢物します。加賀侵攻予定が7月なので毎月貢物しても通常の金だと間に合わず、合戦時に味方になってくれません。
計画的には
4月 家宝貢物  加賀畠山家友好度 50→70
5月 金1000貢物 加賀畠山家友好度 70→80
6月 金1000貢物 加賀畠山家友好度 80→90
7月 金1000貢物 加賀畠山家友好度 90→100 → 加賀本願寺を攻める
加賀畠山家だけはなぜか友好度100でないと味方になってくれないので貢物はこの通りに行ってください。
・三好家に毎月金による貢物します。ゲーム開始時の友好度が10と低い上に侵攻予定が9月なので、9月までに80以上の友好度にならないようなら等級1の家宝を貢物する必要があるかもしれません。執筆主は家宝貢物を一度行いました。
・摂津畠山家については脅迫で味方につけられる場合もありますが、確実に味方につけたいなら地道に金による貢物をして味方につけましょう。 執筆主は脅迫して経費節約派ですが、どちらでも構いません。

【軍団・人事コマンド】
・統率70以上の功マーク付き武将を加増
・第二軍団の分配地を近江と紀伊にする。 または 伊勢を分配国として第三軍団を編成(どちらでも構いません)
・第二軍団の軍団長、柴田勝家を縁組コマンドで一門にする。
・尾張にいる前田利家を伊勢か近江に移動させる。

【奉仕コマンド】
・第一第二軍団ともに統率の高い武将で訓練
・訓練や合戦を担当しない知略の高い武将を本願寺家の引抜を担当
引抜コマンドが成功しやすい武将を挙げておきます
本多正信 伊那忠次~
忠誠度が低いので、出奔 謀反 引抜などが成功しやすい
~鈴木重泰~
知略が低く、流言が成功しやすい
必ずしも引抜コマンドを行う必要はありませんが、成功すれば若干合戦が楽になります

 スポンサーリンク


二月目

・第一軍団で越中に侵攻 神保家を先に攻めたほうが楽です。
・第二軍団、第三軍団は訓練が完了するまで待ちましょう。
・三好家 畠山両家にも毎月貢物を行ってください。

三月目

・第一軍団で越中 椎名家を攻め 越中を統一 上杉家からの援軍に注意!
・第二軍団で 滝川一益 柴田勝家 前田利家などを中心に大和へ侵攻 筒井家を先に攻めると楽です。

四月目

・第一軍団で加賀能登本願寺家を攻めます。この時までに畠山家との友好度を100にしておくこと
・第二軍団で松永家を攻めます。 松永久秀が価値の高い家宝を持っているので必ず捕えて奪いましょう。

五月目

・第一、第二軍団を合流
・統率の高い武将を集結し摂津本願寺家を攻める。上にも書きましたがこの時三好家友好度が80以上でないなら家宝を貢物してください。畠山家についてはゲーム開始時から毎月貢物するか脅迫するかして味方につけましょう。

【まとめ】

このミッションの金賞期限は10月です。
諸勢力との関係は月が進めば進むほど不利になるのでスピードが重要になります。
摂津三好家が味方につくかどうかは時の運です。敵に回ってしまうようなら少々セコイですがセーブandロードを繰り返しましょう。

寄稿共通カウントPV


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  2.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  3. 実際の山本勘助  武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。  武田…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る