森坊丸とは~森長隆も本能寺の変にて



森坊丸(もりぼうまる)の本名は森長隆(もりながたか)と言い、1566年に金山城主・森可成の4男として生まれた。

兄に森長可森蘭丸(森成利)がおり、弟に森力丸(森長氏)、森忠政がいる。

1570年、宇佐山の戦いにて、父・森可成が討死したため、兄・森長可が13歳で家督を継いだ。



兄・森蘭丸同様に、頭が良かったようで、間違いなく伝達する能力にも優れ、織田信長の小姓として仕え、連絡係としては優秀で、家臣らが言っていたことも、ためらわず織田信長に報告していたと言う。

1582年、明智光秀の謀反により「本能寺の変」となると、兄・森蘭丸同様に織田信長に最後まで付き従い、本能寺で高橋惣左衛門に討ち取られた。享年17。

墓所:阿弥陀寺、可成寺(岐阜県可児市)。

森蘭丸~将来を嘱望された織田信長の小姓
森長可~武勇から「鬼武蔵」と称され槍術が得意だった武将
森可成~攻めの三左と呼ばれた槍の名手
天下分け目の山崎の戦い 明智光秀は遠慮して負けたか?
森忠政 兄戦国を生き抜いた末っ子大名
本能寺とは 京都・本能寺の歴史
可成寺 森可成 森蘭丸 森坊丸 森力丸の墓


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  4. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  5. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…

人気の戦国武将

  1. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  2. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  4. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  5. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る