望月千代 (望月千代女)~武田の女忍者



望月千代 (望月千代女) (?年~?年)

武田信玄の甥、望月盛時(望月遠江守盛時)の妻。

甲賀忍者 を構成する 「甲賀五十三家」 の筆頭である上忍の家柄 「望月家」 の出身で、信濃の豪族(有力者)であり同じ苗字である 望月盛時に嫁入りしていた。

第4次川中島合戦(川中島の戦い)で望月盛時が討死したあと、武田信玄の命にて甲斐・信濃の巫女の統帥となり、「歩き巫女」 を養成。信州・小県郡弥津村古御館に居住した。

孤児、捨て子などの少女200~300人を集め、彼女らに強い仲間意識と忠誠心、女であることを生かしての情報収集、色香で男を惑わす法などを教え、諸国を往来できるよう巫女としての修行も積ませた。この事から、望月千代は甲賀の忍術を学んだ女忍者(くノ一)であったと言われている。
 



当時、巫女は口寄せ(いたこ)や祭事を行ったり、各地を回って舞や楽曲を披露したりしていたため、各地の関所を自由に通行することが出来た。一人前になると全国各地に送り、知り得た情報を全て自分の手元に集め、有力な情報を武田信玄に伝えたと言われ、武田家の情報収集に大きな役割を果した。

忍者衣装


忍者 衣装

★真田家のおすすめ記事
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介
真田幸村と大河ドラマ「真田丸」 真田幸村とは、その実像は?
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷
真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  3. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  4. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  5. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  2. 真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(のちの…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. 戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い(みませとうげのたたかい)。 武田信玄が勝利した…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る