望月千代 (望月千代女)~武田の女忍者





望月千代 (望月千代女) (?年~?年)

武田信玄の甥、望月盛時(望月遠江守盛時)の妻。

甲賀忍者 を構成する 「甲賀五十三家」 の筆頭である上忍の家柄 「望月家」 の出身で、信濃の豪族(有力者)であり同じ苗字である 望月盛時に嫁入りしていた。

第4次川中島合戦(川中島の戦い)で望月盛時が討死したあと、武田信玄の命にて甲斐・信濃の巫女の統帥となり、「歩き巫女」 を養成。信州・小県郡弥津村古御館に居住した。

孤児、捨て子などの少女200~300人を集め、彼女らに強い仲間意識と忠誠心、女であることを生かしての情報収集、色香で男を惑わす法などを教え、諸国を往来できるよう巫女としての修行も積ませた。この事から、望月千代は甲賀の忍術を学んだ女忍者(くノ一)であったと言われている。
 



当時、巫女は口寄せ(いたこ)や祭事を行ったり、各地を回って舞や楽曲を披露したりしていたため、各地の関所を自由に通行することが出来た。一人前になると全国各地に送り、知り得た情報を全て自分の手元に集め、有力な情報を武田信玄に伝えたと言われ、武田家の情報収集に大きな役割を果した。

忍者衣装


忍者 衣装

★真田家のおすすめ記事
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介
真田幸村と大河ドラマ「真田丸」 真田幸村とは、その実像は?
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷
真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  5. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)を簡潔に詳しくご紹介させ…
  3. 天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信濃…
  4. 武田信広
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5. 真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(のちの…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る