伝次郎~ドラマ信長協奏曲の豊臣秀吉(木下藤吉郎)





 フジテレビの人気ドラマ「信長協奏曲」で、山田孝之さんが演じている「伝次郎」について調べてみました。

 まず、伝次郎は、このドラマの中では、のちの豊臣秀吉と言う設定です。
 しかも、伝次郎は段蔵と共に今川家の隠密(スパイ)と言う設定になっています。

 通常であれば、織田信長に仕えたころの豊臣秀吉は、木下藤吉郎と言う名で知られていますが、織田信長に仕える前に、今川家の家臣である頭陀寺城主・松下之綱に仕官していたことがあります。
 そして、史実としては1554年頃からは織田信長に小者として仕えました。



 漫画の原作では、1560年の桶狭間の戦いで、池田恒興河尻秀隆前田利家柴田勝家、林秀貞、佐々成政金森長近森可成らが織田信長に従い出陣しますが、伝次郎の致命的なミスにより、3000の織田信長が、40000の今川義元を打ち破ることになります。

 お市の方のコーナーも是非ご覧ください~。

 実際の豊臣秀吉に関してはこちらをどうぞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して史跡や城跡も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







Twitter でフォロー

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る