源応尼(げんおうに) 華陽院(けよういん) 徳川家康の祖母

源応尼(華陽院)




華陽院(けよういん)は、「於富の方」あるいは「於満の方」、源応尼(げんおうに)とも言う1492年生まれの戦国時代の女性です。
出自は下記の通り、諸説あります。

江州佐々木氏流である尾張の青木加賀守弌宗の娘
尾張の宮の善七の娘(宮野善七郎の娘)
三河・寺津城主である大河元綱の養女(大河内左衛門佐元綱の養女)ですが、実の娘とも。
大河満成(大河内但馬守満成)の娘


概ね、近江六角氏に仕えた青木一宗の娘で、大河内左衛門尉元綱の養女といったところかと推測され、名前は、お富・お留とされます。

生い立ちはよくわかっていませんが、三河・刈谷城の水野忠政に嫁ぎましたが、継室だった可能性があります。
子としては、1525年に水野忠守、1528年には緒川城にて於大の方、1537年には水野忠分、1541年には水野忠重と、合計3男1女をもうけたと考えられます。
於富の方(於満の方)は美女だったようで、年代が不明ですが、三河・岡崎城の松平清康が水野家を攻略した際の和睦条件として、於富の方(於満の方)を奪ったともされています。

そして、於富の方(於満の方)は、1530年、松平清康が尾張・守山城の攻撃中に裏切られて死去すると、星野秋国(星野備中守秋国)、菅沼定望(菅沼藤十郎定望)、川口盛祐(川口久助盛祐)と、三河の豪族へと次々に嫁ぎ、生涯通して、5人の夫を持ったことになりますが、いずれも夫に先立たれた模様です。

その後、駿河の今川義元を頼って駿府に入り、出家すると源応尼(げんおうに)と称しました。
娘である於大の方は、1541年に、松平広忠の正室となり、1543年に松平竹千代(徳川家康)を産んでいます。

1551年、松平竹千代(徳川家康)が、織田信秀のもとから、今川義元の人質として駿府に送られます。
この時、源応尼は、孫である竹千代の身の回りの世話をするため庵室を設け、竹千代が元服するまでの8年間、親代わりとなって育成しました。
ただし、源応尼は、竹千代が駿府に送られた際に、岡崎から招かれてきたとの説もあります。


その後、源応尼は、桶狭間の戦いの頃となる1560年5月6日に死去。70過ぎとされます。
知源院に葬られましたが、のち1609年に、駿府城にて隠居していた徳川家康が法要を行うと、華陽院(けよういん)と寺の名前が変わっていることから、源応尼の法名は華陽院(華陽院殿玉桂慈仙大禅尼)が正しいことになってしまっています。
また、豊橋市の龍拈寺と、刈谷市の楞厳寺に、華陽院の肖像画が現存しているとの事です。

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、源応尼(華陽院)を女優の真野響子さんが演じられます。

松平広忠とは 家臣の裏切りに翻弄された徳川家康の父
水野信元 24万石を有した三河の戦国大名
於大の方 松平康俊【徳川家康の母と子の運命】
徳川家康 武将情報データ 中高生でもわかりやすく解説
徳川家康【超詳細版】~徳川家康にすごく詳しくなれる詳細版

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る