於大の方と松平康俊【徳川家康の母と子の運命】

松平康俊の墓


松平康俊(まつだいら-やすとし)は、坂部城主・久松俊勝(ひさまつ-としかつ)の3男として1552年に生まれました。
この父・久松俊勝は、徳川家康の生母・於大の方(伝通院)が再婚した相手であり、松平康俊はその於大の方(伝通院)が産んだ子となる。

ただし、徳川家康(松平元康)の父は、岡崎城主・松平広忠であり、松平康俊の父は久松俊勝であるため、松平康俊は徳川家康の異父兄弟となる。



1528年生まれの於大の方(おだいのかた)は、緒川城主・水野忠政が父で、母は華陽院(於富の方・於満の方)となる。
この母・於富の方(於満の方)は、水野忠政との間に水野忠重や於大の方ら3男1女を生んでいたが、岡崎城主・松平清康がその美貌に惚れて、和睦の条件として離縁させて、松平清康の継室となった。

1535年、松平清康が家臣の阿部正豊に殺害されたあと、於富の方(於満の方)は出家も許されなかったようで、、星野秋国、菅沼定望、川口盛祐と次々に再嫁するが、いずれも夫に先立たれている。
のち、今川義元を頼って駿府に赴くと、出家して源応尼(げんおうに)と称し、のち松平竹千代(徳川家康)が人質となった際には、元服するまで養育に当たったとされる。

於大の方は、14歳の頃である1541年(1540年とも)に新たに岡崎城主となった松平広忠の正室となり、天文11年(1542年)12月26日、嫡男・竹千代(徳川家康)を生んだ。
松平広忠と於大の方が、三河・鳳来寺に参詣したことで子を授かったともされている。

鳳来寺の本堂

しかし、於大の方の父である水野忠政の死後、家督を継いでいた於大の兄・水野信元が1544年に今川家を裏切って、織田家に臣従する。
そのため、今川家との関係悪化を懸念した松平広忠は、於大の方を離縁して水野家に送り返した。
その後、兄・水野信元が椎の木屋敷にいた於大の方を再婚させたのが、阿古居城主ともされる久松俊勝であり、1547年のこととなる。
そして、於大の方は久松俊勝との間に、松平康元、松平康俊、松平定勝、多劫姫らを産んだが、竹千代に対しても頻繁に贈り物を送ったとされている。

1560年、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれると、松平元康(徳川家康)は今川家から独立の動きを見せる。
1562年の清洲同盟では、於大の方の兄・水野信元が織田家との仲介を果たしたこともあり、於大の方が久松俊勝との間に産んだ松平康元、松平康俊、松平定勝らに松平姓を与えたと言う事になる。

その松平康俊は、12歳の頃となる1563年に、徳川家康の命にて、駿府の今川氏真に人質として出された。
その後、武田信玄の人質として甲斐に送られたが、1570年冬に徳川家が甲斐より奪還している。
しかし、この時の逃走劇にて松平康俊は両足の指を凍傷で失ったと言う。

その後、松平康俊は1583年に駿河・久能城主となったが、1586年5月20日に死去した。享年35。
その松平康俊の墓所が、徳川家康の正室だった築山殿の墓の隣と言う事になる。

松平康俊は3男で、早く亡くなったこともあり、多くの動向はよくわかっていない。

於大の方は、1582年に久松俊勝の死後、菩提寺の安楽寺で剃髪して伝通院と号している。
そして、晩年は徳川家康が迎えており、1602年には、豊臣秀吉の正室・高台院や、後陽成天皇に拝謁している。
その年、1602年8月28日に於大の方(伝通院)は、徳川家康と共に滞在していた伏見城で死去した。

智恩院で葬儀、遺骸は江戸に移されて大塚町で火葬したあと、傳通院に埋葬された。

松平康俊の墓がある浜松・西来院の場所に関しては、築山殿の記事をご参照願いたい。

瀬名とは~築山殿は悪女だったのか?築山御前が殺害された本当の理由とは
徳川家康【超詳細版】~徳川家康にすごく詳しくなれる詳細版
久能山城と板垣信安・今福浄閑斎【久能山東照宮と徳川家康の墓】
徳川家康が姓を変え苗字を変えた「大人の事情」~松平から徳川姓へ
千姫とは~徳川家の娘として波乱の人生を歩んだ戦国時代最後のヒロイン
鳳来寺と鳳来山東照宮~井伊直政も見た壮麗的な三河の景色
後陽成天皇~乱世を生き抜く処世術で皇室を生き残らせる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  4. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  5. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  2. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  5. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る