明月院~北条時頼の墓と上杉憲方の墓【鎌倉・あじさい寺】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 北鎌倉明月院(めいげついん)は「あじさい寺」として有名ですが、史跡としての歴史も申し分なく、武将関連の見どころもたくさんあります。

 1160年、平治の乱にて討死した首藤俊通(首藤刑部太夫)の菩提を弔う為、子の山ノ内経俊(首藤経俊)が「明月庵」を建立したのが草創とされます。

 その後、1256年、鎌倉幕府5代執権・北条時頼が、執権職を北条長時に譲った際に出家し、この鎌倉の山ノ内に私邸があったことから最明寺を建立し、別邸に持仏堂を造営して隠居したものの37歳で死去したと言います。
 そして、北条時頼の子であり、モンゴル帝国の元寇を撃退したことでも知られる8代執権・北条時宗が、最明寺を前身にして、建長寺開山・蘭渓道隆(大覚禅師)(中国の僧)を招くと禅興寺を1268年に開山・創建しました。

 実際のところの開基は関東管領・上杉憲方とみるのが正しいようです。
 室町時代になり廃れていたのを、1380年に関東公方・足利氏満が、関東管領・上杉安房守憲方に命じて、禅興寺を中興させました。
 上杉憲方は出家後に、蘭渓道隆の5世法孫・密室守厳を開山として、塔頭寺院「明月院」を建てました。
 塔頭(たっちゅう)寺院と言うのは、既に亡くなった人物の偉業を後世に伝えるために建立した寺院と言う意味です。

 禅興寺には江戸初期に、徳川家康の参謀僧としても知られる以心崇伝が、住職にもなっていますが、やがて廃れて明月院の管理となり、明治に入ると廃寺となり明月院に吸収されました。

 スポンサーリンク


北条時頼の墓

 明月院の境内に入って、左手に進むと北条時頼廟があります。
 下記写真ですね。クリックすると拡大します。

明月院の北条時頼廟

 その脇に、北条時頼の墓所(宝篋印塔)があります。

明月院の北条時頼の墓

上杉憲方の墓

 上杉憲方の墓とされるものは、山肌に穴を掘った「やぐら」の中にあります。
 場所は、参拝入口からずっと奥へと進み、本堂の前を通って「開山堂」と言う建物の左手にあります。
 ※写真は中がわかりやすいように、コントラスト上げてあります。

上杉憲方の墓

 この明月院やぐらは、鎌倉に数多くある「やぐら」の中でも最大のものとされ、上杉憲方の墓とされる宝篋印塔が安置されています。
 岩肌にも仏像などが描かれているのが鎌倉でも珍しいです。

 なお、鎌倉・明月院への行き方やその他の写真など下記でも公開していますので、合わせてご高覧賜りますと幸いです。

鎌倉・明月院のあじさいが咲いていない季節の写真など
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。(さらに…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る