三淵藤英とは 足利義昭の擁立に尽力し最後まで再興を試みた幕臣

三淵藤英


三淵藤英(みつぶち-ふじひで)は、室町幕府の申次衆で、山城・大法寺城主である三淵晴員の子として戦国時代に生まれました。
そもそも和泉・細川家の一族であり、弟は養子に出されて細川藤孝細川幽斎)となっています。

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、俳優の谷原章介さんが、三淵藤英を演じられます。


1540年頃から奉公衆としての活動が見らますが、父が出家すると、三淵弾正左衛門尉となりました。
1565年、室町幕府の第13代将軍・足利義輝が、三好義継ら三好三人衆に暗殺されます。
このとき、三淵藤英は弟・細川藤孝らと、足利義輝の弟で一乗院門跡になっていた僧侶の覚慶を、監禁されていた興福寺から一色藤長、和田惟政、仁木義政、米田求政らと共に救出しました。
そして、近江・矢島にて還俗させ、足利義昭と改名させて15代将軍にすると、一緒に行動して越前の朝倉義景を頼りましたが、のちに織田信長の協力を得ています。
その過程で、細川藤孝や、越前にいた明智光秀も織田家に仕えるようになったと言う事になります。

1568年、織田信長と共に足利義昭が京に上ると、三淵藤英は伏見城あたりを警護しました。

こうして、三淵藤英は、足利義昭の重臣となり、1568年には大和守を叙任しています。
しかし、足利義昭と織田信長が対立すると、弟の細川藤孝は、織田家に従う判断をしたため、三淵藤英は激怒し、細川家の勝竜寺城を攻撃しようとしましたが失敗に終わっています。

1573年、ついに足利義昭が挙兵して槇島城に籠城すると、三淵藤英は二条城にて、幕臣の伊勢貞興、日野輝資、高倉永相などと共に守備しました。
しかし、大軍の織田勢に包囲されると、他の武将はみな降伏してしまい、最後に柴田勝家の説得を受けて、10日ほどで三淵藤英も城を明け渡しました。

その後、三淵藤英は本拠の伏見城に戻りましたが、すぐ近くの槇島城も陥落し、降伏した足利義昭は三好義継の河内・若江城に追放され、室町幕府は滅んでいます。

最後の最後まで将軍家への忠誠を貫き通した三淵藤英も、ついに織田家に従い、まだ籠城を続けていた岩成友通の淀城を、細川藤孝と共に攻撃しています。
翌年、三淵藤英の所領は、突然没収され、明智光秀に預けられました。
そして、織田信長の命により、嫡男・三淵秋豪と共に、三淵藤英は坂本城にて自害しています。


次男・三淵光行は、細川藤孝に預けられており、その後、細川家に仕えました。
1600年、田辺城の戦いの際に、細川光行は奮戦して叔父を助けたことが評価され、徳川家康が旗本にしています。
また、もう一人の弟・長岡義重は、三淵家の名跡を継ぎ、細川忠興に仕えました。

三淵藤英とは 細川藤孝の異母兄・足利幕府の奉公衆の立場を貫く
淀古城と淀城の違いや淀古城の戦い~茶々の産所となった淀城とは
足利義昭とは~信長包囲網など外交手腕に優れた最後の室町幕府将軍
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名と田辺城の戦い
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
槇島城 真木島昭光の居城を足利義昭が頼った歴史の舞台

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  3. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  4. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  2. 筒井順慶
    筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  5. 天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信濃…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る