悲劇の女城主・おつやの方の生涯

岩村城

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨年は大河ドラマ『おんな城主 直虎』も話題となりましたが、城や領地、民や家臣を姫が守ったという史実は実際にございます。

乱世の戦国時代。女性が上に立つということは、大変な苦労があったかと思われます。

そして、戦国時代においての「おんな城主」は、井伊直虎だけではございません。

おつやの方という姫がおりました。

おつやの方

おつやの方は、戦国時代のカリスマ、織田信長公の叔母で、今の岐阜県恵那市にあった、岩村城の城主でございました。それは美しい姫だったと云われております。

おつやの方は信長公の叔母ではありますが、1544年の生まれだと言われており、信長公は甥ですが1534年の生まれなので、おつやの方は信長公よりも年下となります。

おつやの方は最終的に、武田氏、織田氏、徳川氏の勢力の接点である、東美濃の重要拠点に位置していた岩村城主の、遠山景任公の元に嫁ぎますが、その前にも二度の婚姻を経ていたといわれております。
この遠山氏との婚姻も甥の信長公による政略結婚でしたが、過去の婚姻も政略結婚だったようです。

 スポンサーリンク


ですが、景任公との間に子供が授からなかったので、信長公の五男、御坊丸を養子として迎えたと伝わっております。
そして、おつやの方はまだ幼い御坊丸を、大変可愛がっていたそうです。

ただ、この地は多数の勢力の重要拠点に位置していたこともあり、勢力下に収めようと各武将達が水面下で様々な動きを見せておりました。
そんな中、織田と敵対する武田方の武将・秋山虎繁公によって岩村城は攻撃されてしまいます。

秋山虎繁

一度は信長公から派遣された援軍により撃退できたものの、この戦が元で、元亀3年(1572年)8月14日に、遠山景任公が病死してしまいます。これによって岩村遠山氏の血統は断絶してしまいました。

この時、信長公は東美濃の支配権を奪う好機として、自身の兄である織田信広公らを岩村城へ派遣し城を占領すると、自らの子である御坊丸を景任公の家督相続人とし、おつやの方を後見人としました。

戦国時代、女性は男性の道具として扱われるのが常でした。
こうしておつやの方は奇しくも「女城主」となったのです。

ですがおつやの方は母として、城主として、自身の役割を見事にこなし、しばしの間、穏やかな日々を過ごしていたようです。

ですが、東美濃の支配権が信長公に奪われたことに対し、武田信玄公は岩村城を奪う為に再度、秋山虎繁公を岩村城へ進軍させます。おつやの方は幼い御坊丸に代わり鎧兜に身を包み、城主として必死の応戦を続けたと云われております。

守りの堅い山城である岩村城はなかなか落ちず、戦はこう着状態に陥りました。おつやの方は領民達と共に、長い篭城を覚悟して戦います。
篭城中も信長公の元へ使者を送ったり、敵の情報を得るために動いたりと、城主として見事な働きを行ったと。

ですが信長公は一向一揆などで道を阻まれ、岩村城へ援軍を送ることがかないませんでした。
こうして包囲された岩村城は、武田氏に仕える者も多く出ていたといいます。

そんな状況を知った武田軍の秋山虎繁公は、武田信玄公の許しを得て、おつやの方に和議を申し出ました。しかしその内容はおつやの方にとって、受け入れ難いものでした。

和睦に応じるならば、領民、兵の命は守る。そして、御坊丸は自身の養子とし、おつやの方は虎繁公の妻になれというものでした。

幼い御坊丸の命と領民や兵の命…おつやの方は大変悩んだことと思います。
ですが母として城主として、秋山虎繁公との婚姻を受け入れました。こうして岩村城の城主は、秋山虎繁公となりました。
しかし条件に反し、幼い御坊丸は甲府へ人質として送られてしまいます。
敵武将との婚姻、御坊丸の人質、すなわちこれは…織田信長公への裏切り行為…

こうしておつやの方は、武田方へ転じます。
天正3年(1575年)5月の長篠の戦いで武田方が織田方に敗北するまでの間、虎繁公とおつやの方は、共に力を合わせ岩村城を守り、いつか来るであろう信長公の侵攻に備えていました。

叔母に裏切られた形となった信長公が激怒したのは、いうまでもありません。
特に自身の息子を人質に出されたことは、許し難かったようです。長篠の戦いで武田軍を撃破したのち、信長公は嫡男の織田信忠公らを、岩村城へ大軍をもって進軍させます。

「叔母の城に火をかけるのは忍びない」等と信長公は言い、兵や子女に危害を加えないこと、秋山虎繁公やおつやの方の助命の約束を結び、岩村城を降伏させました。

ですが信長公は許すと見せかけ、虎繁公らが礼に来たところを捕らえ、和議の条件を破り、城兵を皆殺しにしました。
そして捕らえられた虎繁公らも、長良川近くで逆さ磔にされました。
そしておつやの方も信長公によって、逆さ磔にされたと…
あるいは腹いせの為に、信長公が自ら斬ったとも云われております。

織田信長

信長公はしばしば逆上します。裏切りや敵対行為を大目にみることもありましたが、その分の反動は凄まじい。

この過酷な仕打ちに、おつやの方は「敵方であった秋山虎繁は開城に際し約束を守ったのに、身内である信長は和議の約束を反故(ほご)にするのか」と嘆き
「叔母をかかる非道の目に遭わせるとは。信長よ、必ず因果の報いを受けん」と叫び、果てたと云われております。

織田信長公が本能寺の変で亡くなったのは、その7年後です。

同盟の証としての戦国時代の女性の結婚…ですが秋山虎繁公との結婚は、おつやの方が自らが決断したに違いありません。
ですが、おつやの方のこの決断は、信長公にとっては裏切り行為以外の何物でも無かったのでしょう。

ならば、どうすれば良かったのでしょうか?

虎繁公が攻めてきたあの時、和議を受けず籠城し、御坊丸や兵や民と共に、亡くなれば良かったのでしょうか?
信長公に攻められたあの時、和議を受けず、虎繁公と城に残る者達と共に、自害すれば良かったのでしょうか?
そうすれば信長公は満足したのでしょうか…

おつやの方は、悲劇の姫として語られております。
女子が生きるには厳しすぎた戦国の世において、政治の道具として扱われ、幾度もの夫の死を乗り越え、女城主としても生きた…
こうして自らの生き方を選んだおつやの方は、強き人だったのだと思います。

天にいるであろうおつやの方は、嫌がるかも知れませんが…
さすが織田の血を継ぐ強き女性、そのように思います。

そんなおつやの方と織田信長公との数奇な運命を描いた作品を、兵庫県立明石公園にて披露させて頂きます。
台本は私、今井かなが書きました!


明石公園さくらまつり

【日程】2018年4月7日(土)
【場所】兵庫県立明石公園・JR明石駅徒歩2分
【時間】13:00~15:00予定
【場所】時うち太鼓前ステージ

明石公園さくらまつり

戦国時代のカリスマ、織田信長と、悲劇の姫、おつやの方の物語
「炎陽告げる限月~エンヨウつげるカギリノツキ」

⚫織田信長・こかつあさみ(春うらら組)

⚫おつやの方・今井かな(春うらら組・乙訓戦国つつじ)

⚫秋山虎繁・大西恒(乙訓戦国つつじ)

⚫織田信忠・武居新一郎(乙訓戦国つつじ・紅桜剣舞会関西支部)

⚫脚本・今井かな

美しく舞い散る桜のように命を散らした者達へおくる、歴史演劇です。
是非、お越し下さいませ。

(寄稿)今井かな

おつやの方と秋山虎繁(秋山信友)~織田家に処刑された命運
明智玉子(細川ガラシャ)とキリスト教の関係考察
天下人「豊臣秀吉」が好きになれないその理由
戊辰戦争の初戦 「鳥羽・伏見の戦い」の地~京都市伏見区の史跡案内
大阪城の史跡巡り観光堪能2時間コースのご紹介

共通カウンター

カウンター

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

今井 かな乙訓戦国つつじ副代表・春うらら組・NHK大河ドラマ誘致キャラバン隊「細川ガラシャ」役・役者・MC・モデル

投稿者プロフィール

タレント、リポーターを経て、現在は甲冑劇やおもてなし活動を通し、歴史の観点から地域を盛り上げる活動を行う団体「乙訓戦国つつじ」の副代表として活動。甲冑劇や幕末劇に出演し、NHK大河ドラマ誘致キャラバン隊の細川ガラシャ役、本能寺おもてなし隊の濃姫役、役者、イベントMC、モデルとしても活動中。その他、兵庫県立明石城では春うらら組としても公演を行い、詩吟「摂楠流」門下でもある。

HP→ https://www.facebook.com/kamokamo04

この著者の最新の記事


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。157…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  4. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。ま…
  5. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る