奥平貞治~目付として小早川の陣に入った徳川家臣


スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥平貞治(おくだいら-さだはる)は、奥三河の作手・亀山城主・奥平貞勝の子として生まれたが、生年は不詳。
奥平家の家督を継いだ奥平貞能の弟である。

織田信長による桶狭間の戦い今川義元が討死したあとは、松平元康(徳川家康)に臣従していたが、1571年に甲斐の武田信玄が三河侵攻してからは武田家に人質を出して従属していた。

武田信玄の死んだと噂が流れ、現実味を帯びると当時の奥平家当主・奥平貞能は、徳川亀姫と奥平貞昌の婚約や、奥平貞能の娘と本多重純の婚約など徳川家康と密議を交わし、1573年8月21日に亀山城を退去して武田勝頼から寝返った。
この時、武田家に取られていた人質は処刑されたが、父・奥平貞勝や次兄・奥平常勝はそのまま武田勝頼を頼っている。

兄・奥平貞能と奥平貞治は長篠城の守備を任されるが、1575年5月、武田勝頼が15000の大軍にて長篠城を包囲。
この時、奥平信昌(奥平貞能の子)らと僅か500とも言う兵力にて大軍を相手に籠城して凌ぎ、徳川家は織田信長の援軍を得ると、5月21日、長篠の戦いにて武田勝頼勢に大打撃を与えた。

1586年、徳川家康が上洛した際に、奥平信昌と共に奥平貞治は付き従ったが、豊臣秀吉が家臣へと所望し、奥平貞治は5000石にて黄母衣衆となった。

 スポンサーリンク


1600年、石田三成との関ヶ原の戦いでは、徳川家康に従って会津征伐へも同行し、結城秀康の家臣に加えられた。

関ヶ原の戦い本戦の際には、黒田長政の調略により徳川家に内応を約束した西軍・小早川秀秋の軍監(目付)として、小早川の本陣に派遣された。
なお、黒田家からも家臣・大久保猪之助が小早川家の陣に入っている。

決戦の当日は、奥平貞治と大久保猪之助が、松尾山から動かない小早川秀秋に対して、寝返りの約束を守るよう再三説得したものと推測される。

ようやく、小早川秀秋は西軍の大谷吉継の陣営を目がけて松尾山を降りたが、小早川勢の先鋒・松野主馬が、この主君の裏切りに納得できず戦線を離脱してしまう。
そのため、松平貞治は指揮官不在となった松野隊(約50?)を率いて、松尾山を駆けおりて大谷吉継の右翼を強襲したとされる。
大谷吉継勢の必死の抵抗は凄まじく、軍監であった松平貞治も、白兵戦を演じなんとか勝利に導いたようだが、大谷家の牧村三左衛門により致命傷を負ってしまった。

1600年9月15日、奥平貞治は戦傷にて死去。
東軍においては、名のある武将で戦死した数少ない1人である。
下記写真は、関ヶ原にある奥平貞治の墓。

奥平貞治の墓

子が居なかったため、徳川家康は生母へ供養料300石を、毎年支給することで勲功に報いたと言われている。


奥平定能と奥平信昌と亀山城~英雄・鳥居強右衛門と長篠城の戦い
奥平貞治の墓~関ヶ原合戦の折り東軍で命を落とした唯一と言って良い武将史跡
松尾山の小早川秀秋陣跡~登山道と駐車場の紹介【関ヶ原の史跡】
小早川秀秋(金吾、羽柴秀俊、豊臣秀俊)~関ヶ原では裏切るも、実は勇猛果敢で領民からも慕われた武将
黒田長政~父に負けず勇猛果敢で智将でもあった武将
平岡頼勝 (平岡石見守)~関ヶ原の戦いで小早川秀秋を東軍に説得した家老
あなたが西軍武将ならどうする?「関ヶ原の戦い」にて徳川家康を討ち取る方法?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。  武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  4. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  5. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る