平岡頼勝 (平岡石見守)~関ヶ原の戦いで小早川秀秋を東軍に説得した家老


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 平岡頼勝(ひらおかよりかつ)は1560年に生まれた。摂津溝杭(みぞくい)(大阪府)出身とされる。
 父は平岡頼俊。母は不詳。

 平岡氏は、河内の平岡を拠点としていたが、平岡頼勝は諸国を流浪する浪人であった。
 しかし、豊臣秀吉に才能を認められて家臣となる。

 正室は上月景貞の娘。
 この正室は、志方城主・櫛橋伊定の長女(黒田官兵衛の正室・光姫の姉)の長女。

 1594年、豊臣秀吉の甥・小早川秀秋が小早川家の養子として入った際、稲葉正成と共に小早川秀秋付の家老となった。

 また、正室の従兄弟である黒田長政とは懇意であり、黒田長政は関ヶ原の戦いの前から平岡頼勝と密かに連絡を取り、内応工作をした。

 スポンサーリンク


 1600年、関ヶ原の戦いでは、黒田長政に通じて、稲葉正成と共に主君・小早川秀秋に東軍に寝返ることを勧めた。

 関ヶ原の戦いの後は、徳川家康より小早川秀秋は岡山藩55万石となり、平岡頼勝は別途、備前児島郡に20000石を与えられた。

 小早川秀秋が乱心すると、多くの家臣が出奔したが、平岡頼勝は最後まで忠義を尽くしたと言う。

 1602年、小早川秀秋の死後は浪人したが、1604年8月に徳川家康に仕え、美濃徳野で10000石(美濃徳野藩)となった。

 1605年、嫡男・平岡頼資(ひらおか よりすけ)が河内で誕生。

 1607年2月24日死去。享年48。

 子の平岡頼資が、3歳で家督を継いで藩主となった。

hideaki

松尾山の小早川秀秋陣跡~登山道と駐車場の紹介【関ヶ原の史跡】
小早川秀秋(金吾、羽柴秀俊、豊臣秀俊)~関ヶ原では裏切るも、実は勇猛果敢で領民からも慕われた武将
黒田長政~父に負けず勇猛果敢で智将でもあった武将
奥平貞治~目付として小早川の陣に入った徳川家臣
あなたが西軍武将ならどうする?「関ヶ原の戦い」にて徳川家康を討ち取る方法?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  4. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  5. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  2.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  3. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  4. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  5.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る