甲府・信玄公祭りの「甲州軍団」武者行列 レポート・写真集



毎年4月上旬頃に行われる、山梨県甲府市の「信玄公祭り」をご紹介させて頂きます。
「信玄公祭り」は例年、武田信玄の命日である4月12日の前の金曜・土曜・日曜と3日間に渡り、甲府駅付近や舞鶴城にて盛大に開催され、約10万人で賑わいます。

その信玄公祭りのメインイベントである、土曜日の夕方から行われる「甲州軍団出陣」の特集です。

信玄公祭り・甲州武者行列

写真が多いので、まとめ加工させて頂きました。
各写真はクリックすると拡大しますが、夜間と望遠で多少、お見苦しい点がございますこと、ご了承願います。
上記は、武田義信武田勝頼らの行列です。

信玄公祭り・甲州武者行列

上記は三条夫人、大井夫人、湖衣姫(諏訪御料人)と横田高松

信玄公祭り・甲州武者行列

上記は山県昌景、甘利虎泰、小幡昌盛、三枝昌貞、原昌胤かな?

信玄公祭り・甲州武者行列

だいぶ武将紹介が怪しくなって行きましたが、上記は飯富虎昌小山田信茂一条信龍内藤昌秀秋山虎繁かも?

信玄公祭り・甲州武者行列

手ぶれ申し訳ありません。上記は、馬場信春土屋昌続穴山信君

信玄公祭り・甲州武者行列

あれ? 土屋昌続が同じ写真になってもうた。武田信繁高坂昌信

信玄公祭り・甲州武者行列

真田幸隆小幡虎盛真田信綱、多田満頼など

信玄公祭り・甲州武者行列

板垣信方原虎胤です。



どうも?第4次川中島の戦いに出陣したメンバーになっている?のか、真田昌幸真田幸村浅利信種などは出て来ません。
あれ?でも、甘利虎泰や板垣信方はいたな?
武将隊は山梨各地からの市町村からも来ていますので、もしかしたら、その街にゆかりある武将と言う事なのかも知れません。

山本勘助

上記は、シンガーソングライターの河口恭吾さんである山本勘助です。

武田信玄

最後は武田信玄になりきった片岡鶴太郎さんなのですが、遠い方の道路を通過されたので、最大望遠で手ぶれ、申し訳けありません。

世界で一番多い1500人以上の武者行列は、ギネスブックにも認定されています。
しかし、無料で配布される公式パンフレットは約150ページもの冊子であり、かなりの予算がつぎ込まれた大規模なお祭りで行って観てよかったです。

武田神社での戦勝祈願や信玄公祭りの攻略法はこちら
武田信繁~ある意味では兄の武田信玄より人気を博した名将にして忠義の武将
川中島合戦戦国絵巻 笛吹市の合戦イベント攻略法など
三増合戦まつり 武田x北条 非公式開催案内

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ


気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  4. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  5. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  4. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、長宗…
  5. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る