毛利季光とは【戦国大名・毛利家の祖】すなわち長州藩主の祖





戦国大名毛利元就や、上杉謙信の家臣でNo3の座にいた北条高広の先祖である毛利家の祖「毛利季光(もり-すえみつ)」をご紹介したい。
毛利季光は鎌倉武士であるが、父は鎌倉幕府政所初代別当を務めたあの大江広元で、その4男として1202年に生まれた。
その父・大江広元の広大な所領のうち、神奈川県厚木市の毛利庄(もりしょう)の地頭となって毛利季光と名乗ったのが「毛利家」の始まりである。
三島神社の場所が、かつて、毛利季光の屋敷があった場所だとされている。

1216年12月、左近将監に任ぜられると、1217年2月8日には蔵人となり、4月9日に従五位下に叙せられている。
毛利季光は、3代将軍・源実朝に仕えていたが、源実朝が殺害されてからは出家して「入道西阿」と称している。



1221年、承久の乱では、執権・北条泰時に従って大軍を率いて後鳥羽上皇の勢力と戦い、美濃・木曽川の戦いや、山城の宇治川・淀川の戦いにて戦功を挙げ、その功により安芸国吉田荘の地頭職を与えられ移住した。

1233年、執権・北条泰時から関東評定衆に任命され、1246年には、4代将軍・藤原頼経と藤原頼嗣の父子を自邸に迎え、当時、鎌倉幕府5代将軍に就任したばかりの藤原頼嗣の甲冑着初式を行うという栄誉も得ている。

1247年、北条家の執権派と対立した三浦泰村の妹が妻であったことから、宝治合戦にて三浦家に味方するも敗北する。
この時は、北条時頼の義父でもあったとされ、苦渋の決断とも言えよう。

そのため、源頼朝の鎌倉法華堂で、息子の毛利広光・毛利光正・毛利泰光・毛利師雄らと共に自刃して果てた。
また、毛利季光の娘が、執権・北条時頼の正室になっていたが、離別されたともある。(もともと、毛利季光の娘が執権家ら嫁いでいなかったとする説もある)

しかし、毛利一族のうち越後にいた四男・毛利経光の家系が唯一残り、その子孫が吉田荘に移り住んで国人領主から一躍中国地方の覇者となった毛利元就が出るのである。
これは、大江一族の長井泰秀が執権・北条氏に吉田荘安堵の嘆願をしたことが効を奏した形であった。

また、幕末から明治に活躍し、内閣総理大臣にもなった桂太郎の桂家も毛利家一族であり、本姓は大江氏である。


毛利発祥の地

相模の毛利庄(神奈川県厚木市)には「三島神社」がある。
その場所を中心にして、毛利季光の屋敷があったとされており、三島神社の境内には「毛利氏発祥の地碑」が建てられている。

なお、鎌倉時代「毛利」は「もり」と読まれていたが、のちに「もうり」と読まれるようになっている。

毛利氏発祥の地

行き方・アクセスは、下記の地図ポイント地点。
南側から入れる境内の中に車を止められるスペースもある。

鎌倉にある毛利季光の墓はこちら
大一大万大吉の意味【旗印】石田三成と石田為久の関係は?
源実朝公御首塚と波多野城~本当の波多野城跡は?
北条泰時 御成敗式目を定めた北条氏中興の祖
北条高広 2度も上杉謙信に背くも2度復帰?
毛利家のカテゴリはこちら
相模・厚木城 (厚木館) 厚木氏の館跡
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る