斎藤義龍~斎藤道三の嫡男として斎藤家を率いるも・・



斎藤義龍(さいとう-よしたつ)は1527年7月8日に生まれた。
父は斎藤道三で、その嫡男として誕生。
母は、斎藤道三の側室・深芳野
斎藤義龍の初名は斎藤利尚、斎藤高政(さいとう-たかまさ)。

斎藤義龍の正室は、近江の方(浅井久政の養女、浅井亮政の娘)

1554年、斎藤道三が隠居し、22歳の斎藤義龍が斎藤家の家督を継いで稲葉山城主となった。
しかし、斎藤道三は斎藤義龍を暗愚と決め付けて嫌い、次第に弟・斎藤孫四郎や斎藤喜平次らを寵愛するようになり、斎藤義龍を廃嫡して、正室・小見の方の子である斎藤孫四郎を嫡子にしようと画策。
斎藤喜平次には名門・一色家を継がせたことから、斎藤道三と斎藤義龍の関係は悪化した。


1555年、斎藤義龍は叔父・長井道利と共謀して仮病を装い、弟の斎藤孫四郎・斎藤喜平次らを日根野弘就に殺害させた。

1556年、斎藤義龍(30歳)は、斎藤道三を討つために挙兵。斎藤家の家臣の多くは、斎藤義龍に味方した。
ただちに、斎藤道三の娘・帰蝶(お濃)を正室としていた織田信長が救援に向かうも間に合わず、斎藤道三は長良川の戦いにて討死した。
斎藤道三は、斎藤義龍の見事な采配に「しばらくは斎藤家も安泰」と述べたとされる。

斎藤道三の末子・斎藤利治が織田家に亡命した為、織田信長は偏諱を与えられ斎藤長龍と改名させ、美濃斎藤家当主を名乗らた。

斎藤義龍は父殺しの汚名を避けるためか、将軍家・足利義輝に一色氏を称することを願い出て、足利家一門である一色氏を称し、一色左京大夫義龍と名乗った。

内政では貫高制に基づき安堵状を発給し、長年の内乱で混乱した所領問題を適切に処理。
そして、宿老による合議制を導入するなど、戦国大名としての基礎を築いている。

1558年、斎藤義龍は治部大輔に任官。

1559年、足利幕府相伴衆に列せられ戦国大名としての大義名分を得た。
そして、織田信長が供を連れて上洛した際には、道中に火縄銃の手勢を配置し、暗殺を謀ったが失敗している。

更に南近江・六角義賢と同盟を結び、北近江・浅井久政とも合戦をしている。
 
しかし、尾張・織田信長の侵攻がより激しくなり、勢力拡大には至らなかった。


1561年、左京大夫(左京兆)に任じられたが、1561年5月11日に急死。享年35。元々持病があったとされる。

家督は子・斎藤龍興が継いだ。

織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
小見の方 (おみのかた)  斎藤道三の正室になった明智家の女性
斎藤龍興 (斎藤竜興)~美濃・斎藤家を継ぐもその運命は?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ


気になる戦国女性

  1. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  2. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  3.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  4. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  5. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  3. 戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い(みませとうげのたたかい)。 武田信玄が勝利した…
  4. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  5. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る