三増合戦まつり【第17回2016年10月2日】非公式開催案内


スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年で16回目を迎える神奈川県愛川町の「三増合戦まつり」をご紹介させて頂きます。

三増合戦まつりは、戦国時代の1569年に武田信玄小田原城攻めを行い、その帰路においてここ三増峠(みませとうげ)付近にて、追撃した北条勢と大きな合戦になった、まさに三増峠の戦いの中心地にて、合戦戦没者慰霊のため始まったお祭りです。

 スポンサーリンク


例年で申し上げますと、朝10時より北条太鼓などが演奏される予定です。
北条家が出陣する際に行っていた儀式「三献の儀」が披露される出陣式が10時30分頃からで、鉄砲隊の実演と木曽馬の演技は午前か午後にあります。
午後からは、甲冑劇SacTさんによる武将隊の三増合戦寸劇が約30分披露されます。
15時くらいには帰陣式の「三献の儀」が披露されて、終了予定となります。

甲冑劇SacTさんによる武将(2016年)

午後の部にて約25分間予定

武田信玄
浅利信種
曽根昌世
武藤喜兵衛昌幸(真田昌幸)
山県三郎兵衛昌景(山県昌景)
北條氏照
北條綱成
北條氏邦

当日スケジュール現時点ではまだ不明です。
下記は参考までに昨年(2015年)のスケジュールですが、毎年変動はあります。
画像はクリックすると拡大します。

下記は2016年の動画です。

開催予定日

2016年10月2日(日)
朝10時~16時頃まで

開催場所

三増合戦場碑周辺広場(神奈川県愛甲郡愛川町)
※荒天時には「農業環境改善センター」での開催となります。

その他

会場付近にはコンビニや飲食できるお店は徒歩圏内にはありませんが、会場では様々な露店が出店しますのでお昼ご飯も困らないと思います。
地元、津久井のパン「丹沢あんぱん」などは人気ですし、やきそばなども人気です。ただし、早く売れ切れてしまう場合があります。
ステージのショーなどを見るのと、飲食する為の、簡単なテーブルと座席が設けられています。
トイレは仮設トイレとなりますが、そんなに混雑はしないです。
2016年は戦国系グッズ販売も行われるとの事です。

アクセス・行き方

会場となる三増合戦場碑周辺広場の場所は下記の地図ポイント地点です。
地図は縮尺変更してご覧ください。
※詳しい地図で見ると場所が違う所を示してしまいますので、枠の中で縮尺を変えてご覧ください。

駐車場ですが、会場近くに行きますと臨時駐車場の「案内看板」がありますので、警察官・警備員の案内・誘導に従ってください。
基本的に農地を臨時Pにします。
駐車場はいくつかあり、会場までは徒歩で10分くらい掛かる場合がありますが、駐車台数には余裕があると思われます。

雨天時・荒天時には合戦碑より西側にある「農業環境改善センター」の建物での開催となる予定で、プログラム予定も多少変更される可能性がありますので、ご了承願います。

※ここから下記の情報は2015年時点です。未更新ですので、バス時間などは最新の時刻表にてご確認願います。

電車・バスの場合

電車・バスの場合には、小田急線・本厚木駅の北口(1番乗り場)から「神奈中バス」となりますが、所要約40分+徒歩約20分とちっょと大変です。
尚且つ、休日(日曜日)にはバスの運転が昼間しかない上に、1時間に1本だけですので、本厚木駅を出発する一番早いバスは朝10時50分発となり、午前中のプログラムを見るのは難しくなりますが、念のためバスでの行き方を記載しておきます。

神奈中バス「半原行」(厚02系統)。
なお、本厚木からのバスは「厚木バスセンター」が始発となりますので、座って行くのを狙う場合には、早めに行って、厚木バスセンターまで歩いて10番乗り場からご乗車下さい。

降りるバス停は「田代坂上」バス停で、そこから「三増合戦まつり会場」まで徒歩20分くらいです。
行きはちっょと坂を登りますが、途中には「田代城跡」(愛川中学校)もありますので、スマホで地図でも見ながら歩いてください。
ただ、バス通りも歩道が無い箇所がありますので、往来するお車にお気を付けください。

バスの所要時間は本厚木から40分以上掛かります。運賃は片道500円です。
ICカード使えますが、乗車時にタッチ必要です。

帰りは、田代坂上のバス停発が、15:50発、又は16:50発となります。

なお、三増合戦まつりの会場から一番近いバス停は「上志田」バス停なのですが、ここを通るバスは昼間運行ないのです。(^_^;)
そのため、バスでお越しの場合には、上記の「半原行」がお勧めです。

ちなみに、誠に恐れ多い事でございますが、甲冑劇SacT・主宰者さまのご厚意により、私「高田哲也」も当日「甲冑」で参加させて頂く予定になりました。(^-^)
セリフ間違えないように頑張りたいと存じます。
「三増合戦まつり」以外にも、下記の「愛川ふるさとまつり」にも参加させて頂く予定でして、大変恐縮いたしております。

愛川ふるさとまつり

※下記の「ふるさとまつり」の情報は2015年の情報で古く、未更新ですのでご了承願います。

次の日曜日である2015年10月25日(日)には「第31回・愛川ふるさとまつり」が開催され、この日も午後13時過ぎから甲冑隊パレードや、鉄砲隊実演など致します。
こちらの会場は、愛川町役場や文化会館周辺となります。
ただ、愛川ふるさとまつりは、街の中心部で開催されるため、駐車場も限られていますこと、ご容赦願います。

愛川町は人口約4万人の町ですが、県立あいかわ公園などもあり、自然豊かなところですので、是非、訪れてみて下さい。
この日、私は主に甲冑劇のナレーションを担当させて頂く予定でございます。

三増峠の戦いに関してはこちらで詳しくご紹介させて頂いております
翌週の「愛川町ふるさとまつり」の詳細はこちら
Sactさんに参加して合戦劇出演しませんか?(初心者さま歓迎です)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  2. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  3. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…

人気の戦国武将

  1.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  2. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  3. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る