望月六郎(望月主水、望月幸忠、望月六郎兵衛幸忠、望月卯左衛門幸忠)~武田家臣


スポンサーリンク
スポンサーリンク

望月六郎 (望月幸忠、望月六郎兵衛幸忠、望月卯左衛門幸忠)

 真田忍者とされ真田十勇士の一人。望月太郎左衛門の長男として1572年?に望月六郎が誕生したと考えられている。

 望月太郎左衛門は真田幸隆の代からの真田家譜代の重臣として各地で名が見られる。望月六郎も海野六郎兵衛と同じく、幼少時代から真田幸村の小姓として仕えていた。
 望月六郎、望月主水、望月卯左衛門、望月宇右衛門、望月六右衛門、望月善太夫、望月六郎次、望月高野小天狗、そして望月村雄(むらかつ)と名を改めた。

 望月家は甲賀流の上忍53家の1つである。元々、望月家は海野家や根津家といった、滋野一族は巫祝集団で、飯道山を中心とした修験者を統括する神人の集団だった。近江の住人諏訪三郎こと甲賀三郎兼家が33年の間、地底をさまよい、蛇体となって諏訪に現れた後に諏訪に定着し、望月氏の祖となったと言われている。

 スポンサーリンク


 修験者を情報網の中心に据えた望月氏は、武田信玄の家臣・望月盛時の奥方で、のちに甲斐・信濃の巫女頭となった望月千代が組織した女性謀報集団に見るように、武田家の情報網の一翼を担っていたらしい。
 望月六郎は、海野六郎兵衛や穴山小助らと同じく、真田家正規の家臣でありながら、鷲塚佐助や霧隠才蔵のような忍びとしても活躍した。

 望月六郎(望月主水)は特に火薬、爆薬など火術に優れたと言われており、大筒や地雷火などを製造している。また謀報と火術に長け、真田幸村をよく補佐した。

 1584年、望月六郎は僅か13歳ながら真田幸村に従い賤ヶ岳合戦に参戦。海野六郎兵衛と行動をともにし、主に謀報活動を行う。
 1585年、真田幸村が人質として春日山城、海津城に赴く際、それに小姓として従う。
 1586年、真田幸村の北条攻めに従軍。謀報活動や大筒、地雷火などで敵軍を翻弄する。
 1589年、真田幸村の小田原攻めに従軍。
 1590年、真田幸村が人質として大阪へ赴く際、真田幸村とは別行動。主に謀報活動を行う。
 1600年、関ヶ原合戦では、真田幸村と西軍につき、上田城に籠る。関ヶ原合戦での敗戦後は、真田昌幸・幸村父子に伴い九度山へ従った275人のうちの1人であり、青柳清庵高梨内記らとともに最後まで九度山に残った数少ない武将といわれる。
 1614年、大阪の陣では真田幸村とともに大阪城へ入城する。 神崎川の戦いで真田大助を守り、関東勢を尼ヶ崎まで敗走させた。
 1615年、真田幸村の補佐役に徹した、望月六郎は影武者の1人として突撃し、壮絶な最期を遂げている。

★真田家のおすすめ記事
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介
真田幸村と大河ドラマ「真田丸」 真田幸村とは、その実像は?
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷
真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る