千鳥姫の稚児落し伝承【小山田信茂の側室】岩殿山城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

武田信玄武田勝頼と甲斐・武田氏2代に仕え、武田家中最強と言われた軍団を率いた小山田信茂が郡内(現在の山梨県大月市や都留市)を中心に知行していました。

1582年2月に、織田信長の武田攻めが始まると、武田勢は裏切る家臣も多く総崩れ。
当時本拠とした新府城も破却し、武田勝頼は親戚衆でもあった小山田信茂が守る大月の岩殿城を目指します。

しかし、最後の頼みの小山田信茂も裏切り、織田信長が甲斐に入る前に、武田勝頼は織田勢の滝川一益らに追われて天目山で討死。

小山田信茂は織田信忠に面会する為、甲府に出向きますが「武田勝頼を裏切るとは、小山田こそ不忠者」と甲斐善光寺で処刑されます。

その訃報を聞き、大月に残っていた小山田一族は、織田勢に抵抗するため岩殿山城に篭城したと考えられますが、その時の伝説として千鳥姫伝説が残されています。

 スポンサーリンク


千鳥姫は小山田信茂の側室であったとされ、織田勢の大軍に岩殿山城を包囲されると、千鳥姫の子でまだ赤子の万生丸と、小山田信茂の2男・小山田賢一郎を連れて脱出を計画。

護衛として小幡太郎と城兵が共に岩殿山城の西尾根を辿り城外に脱出したと言います。

一行は声が反響する谷としその名が付いた「よばわり谷」まで逃れて、皆、無事に落ち延びた事を喜び合いましたが、その喜びの声が谷に反響し、予想外の方向から声が拡大されて聞こえました。

その声に、追っ手が来たのかと、慌ててしまった事もあり、千鳥姫の暖かい懐に眠っていた万生丸が目を覚まして、声高々に泣き出してしまったそうです。
小幡太郎はこのままでは小山田賢一郎の命が危ないと感じ、千鳥姫から赤子を奪うと、情け容赦なく岩殿山の断崖に万生丸を投げ落としました。

現在、その場所は「稚児落し」と呼ばれているそうです。

小山田信茂と武田勝頼はこちら
岩殿城訪問記はこちら
小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。157…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。父は小谷城主・…
  4. 小少将小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  5. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…

人気の戦国武将

  1. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  2. 実際の山本勘助武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。武田氏の…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。海を活用…
  4. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  5. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。母は…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る