二条晴良 織田家を助けた公卿

二条晴良




二条晴良(にじょう-はるよし)は、戦国時代の公卿・二条家の14代当主となり、1526年に生まれました。
父は関白・従一位にもなった二条尹房(にじょう-ただふさ)で、母は九条尚経の娘・九条経子です。

父・二条尹房は、1545年から、次男・二条良豊と共に、周防の大内義隆を頼って山口に滞在しています。
その間、二条晴良は、内大臣、右大臣。左大臣をへて、僅か23歳にて関白・藤氏長者となりました。
藤氏長者(とうしのちょうじゃ)と言うのは、藤原氏一族全体の氏長者(リーダー)のことを言います。


二条晴良の妻は、伏見宮貞敦親王の娘・位子女王で、子には二条昭実、鷹司信房、九条兼孝、三宝院義演がいます。

1551年、陶晴賢の反乱「大寧寺の変」に巻き込まれて、父・二条尹房が殺害されています。享年56。

1553年、二条晴良は関白を一度辞任しますが、1556年、准三后となり、織田信長京都に入ると再び関白となりました。

1570年、足利義昭の命を受けて、織田信長と浅井長政朝倉義景連合軍との調停を務め、和睦を成立させています。
そのお陰で、織田信長は岐阜城に戻ることができたと言っても良いでしょう。

しかし、その将軍・足利義昭も、織田信長によって追放されて、鞆の浦に逃れました。
また、1576年、織田信長は二条邸(押小路烏丸殿)を報恩寺に移転させ、その跡地を自らの屋敷としています。

1578年、二条晴良は関白を辞任し、後明珠院と号すと、子の九条兼孝が、関白・藤氏長者となっています。
翌年1579年、二条晴良は死去しました。享年54。


なお、旧二条家の屋敷は、1582年、明智光秀本能寺の変の際に、織田信忠が滞在していたようで、焼失しています。

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、関白・近衛前久の座を狙っている設定で、俳優の小藪千豊さんが、演じておられます。

足利義昭とは 外交手腕に優れた最後の室町幕府将軍
近衛前久 放浪の関白で織田信長や徳川家康らと親交も
摂津晴門の解説 室町幕府の政所執事として将軍権力回復に尽力
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る