中野直由・中野三孝・中野直之・中野直久・松下一定【井伊家の一族で家老職を務めた中野家】





井伊直平(井伊修理亮直平)の叔父が中野氏(中野家)を称した井伊一門で、中野直村の子である中野直由(中野越後守直由、中野信濃守直由)が、NHKの大河ドラマ「おんな城主・直虎」にも登場する。(はずである)

この中野直由は、桶狭間の戦いにて討死した井伊直盛(井伊直虎の父)が、万が一の時には井伊谷を頼むと、井伊家存続のため後見役を託していたとされる。
要するに、幼い直政に代わり中野直由(中野越後守直由、中野信濃守直由)が井伊谷城代を務めた。

1564年9月15日、井伊家は今川氏真の命を受けて、井伊直政を保護していた新野親矩(新野左馬助)と共に中野直由は引馬城主・飯尾連竜を攻めたが、新野親矩と共に天間橋で討死した。(引馬城攻め)



中野直由の子・中野直之はそのまま井伊家の家臣になったようだ。
妻は奥山親朝の娘・清光院とある。
井伊直親の遺児である井伊直政が徳川家康に謁見する際、井伊直盛の妻・祐椿尼の命を受けて井伊直政に同行して浜松城に赴いた。
そして、井伊直政を支えた中野直之は彦根藩家老となり、1605年6月14日に死去。

その嫡男である中野三孝(中野三信)も、井伊家の家老として1500石になっている。
なお、中野直之の次男は、井伊直政の生母である奥山朝利の娘(奥山親朝の娘とも?)が再嫁した、松下清景(松下源太郎)の養子となって松下一定と改名し、同じく井伊直政の家老となった。

すなわち、井伊虎松(井伊直政)は、母の再嫁先である松下清景(松下源太郎)の養子となっていた。
しかし、井伊家の家督を継ぐ立場となり、後継ぎがいなくなった松下家の養子として、中野直之の次男もしくは弟とされる中野直久(大河ドラマ「おんな城主直虎」での登場名)が、代わりに松下家の養子になると言うことだ。
この中野直久が松下一定と同じ武将と言う設定になるのであろう。

のち、井伊直政の長男・井伊直継(井伊直勝)が1615年2月に改易され、彦根から安中藩3万石として移ると、中野直由の妻が安中藩の菩提寺として井徳山・龍潭寺の建立を、家老・松下一定に願い出ているのが見受けられる。

なお、松下一定は1641年6月23日に没した。享年68歳で、法名は正覚院傑堂天英居士。
松下一定の子は松下高冬であったが、父が亡くなる前年の1640年4月9日に先に亡くなっていた。

なお、井伊谷・龍潭寺の井伊家墓所近くに、井伊家臣の墓として中野氏の墓もある。
※ページトップ写真も

中野氏の墓

中野氏の墓は、初代・中野直房、2代・中野直村、3代・中野直由、4代・中野直之と記されている。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」キャスト・出演者一覧リスト
松下源太郎とは~井伊直政の母が再嫁した松下清景と井伊家の関係
奥山親朝とは~奥山朝利と娘・しの【井伊家一族】奥山六左衛門と奥山孫一郎も
井伊直盛とは
井伊直虎についての詳細はこちら
井伊直政に関してはこちら
桶狭間の戦いとは~桶狭間はこんなところだったよ~桶狭間古戦場跡
井伊直虎ゆかりの地を観光するお勧めスポット【おんな城主・直虎】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  2. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  4. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  5. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  4. 真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(のちの…
  5. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る