明智倫 (明智倫子、お倫)~明智光秀の長女





明智倫(明智倫子)は明智光秀の三男四女の長女であるが、本当に「お倫」と言う名であったかは不明。
大河ドラマ「軍師官兵衛」では、女優・石橋杏奈さんが演じた「明智倫」としてここではご紹介する。

「嫡女ハ、永禄十二年ノ冬、十六歳ノ時、明智左馬助光春に妻アハセリ。」と、江戸時代に発刊された明智軍記に記載されているが、明智倫は最初、明石城主・荒木村次(父は荒木村重)に嫁いだ。

しかし、有岡城主・荒木村重が謀反を起こし、織田信長と敵対したことから、明智光秀が松井友閑らと荒木村重を説得に出向いた際、明智倫は離縁して明智家に戻ったと考えられる。

その為、織田信長による荒木一族の処刑も免れた訳だが、後に、明智倫は明智左馬助と再婚した。


この明智左馬助は、明智秀満(あけち ひでみつ)であると推定され、それが確かだと明智一族の重鎮であるが、元は三宅氏(遠山氏?)と名乗っていた可能性がある。
そのため、明智倫と結婚させて、明智家に婿入りさせた可能性も捨てきれない。
いずれにせよ、明智倫を迎えて、明智姓を名乗り、文書的には1582年4月に確認できている。

明智秀満は、明智光秀の家臣として、1581年には丹波福知山城代となり、明智光秀が織田信長を討った本能寺の変では先鋒となって京都本能寺を襲撃した。
羽柴秀吉との山崎の戦いでは、安土城の守備をしていたが、山崎で敗戦との知らせを受けて、後詰めとして出陣し、大津で堀秀政と戦った。しかし、敗れて坂本城に籠城。
その後、明智光秀が亡くなったと言う報が入ると、覚悟を決めた明智秀満は、明智家が私利私欲の為に謀反をしたのではないと、城内にある財宝を集めて堀秀政に提出。
そして、1582年6月15日の夜、明智光秀秘蔵の脇差を差したまま、明智光秀の妻子、並びに自らの正室・倫子を刺し殺(又は介錯)して、自ら坂本城に火を放って自害したとされる。

妻木煕子~明智光秀を愛し愛された糟糠の妻~
明智煕子(妻木煕子)とは
荒木村次(尼崎城主)は荒木村重の嫡男、そして次男・荒木村常
有岡城(伊丹城) 伊丹駅前に残る城跡
明智秀満 本能寺の変を明智光秀が最初に相談した重臣
明智光秀と本能寺の変はこちら
明智光秀の妻子まとめ 妻と子供の一覧リスト
明智光秀を推理する~日本歴史上最大ミステリー
天下分け目の山崎の戦い 明智光秀は遠慮して負けたか?

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る