得居通幸とは 豊臣勢の攻撃を撃退した海賊





得居通幸(とくい-みちゆき)は、村上海賊の分家の1つである来島村上家の当主・来島通康(村上通康)の長男として1557年に誕生した。
しかし、得居通幸は正室の子では無かったようで、来島通康(村上通康)の正妻となる河野通直の娘が、1561年に4男・来島通総が生まれた。
そのため、跡目を継ぐことができなくなり、土居家・得能家の子孫であったことから得居氏を称して得居家を起こしたようである。


1567年に父・来島通康(村上通康)が死去した際、得居通幸は11歳ながらも、7歳の弟・来島通総を支えて行くこととなった。
1578年~1580年頃、得居通幸は伊予・松山の沖にある鹿島城に移って本拠とし、家来らも従っている。

1582年4月、毛利家を攻略中の羽柴秀吉(豊臣秀吉)の調略を受けると、河野家を見限って本家の来島城主・来島通総と共に得居通幸(得居半右衛門尉通久)も織田信長に臣従した。

このとき、来島村上家の家老である村上吉継、村上吉郷らは河野家側に残ったため家中は分裂し、河野家・毛利家から来島城などは攻撃を受ける。

5月には、村上海賊の本家筋で、まだ毛利家に従っていた能島村上家(能島城)の村上武吉村上元吉の親子からも来島城は攻撃されている。

そして、遂に耐えられなくなった来島城の来島通総は、1583年3月に羽柴秀吉の元へと京に逃亡したため、残る得居通幸の鹿島城が総攻撃を受けた。
しかし、得居通幸は見事に鹿島城を守り抜き、1583年8月以降は鹿島城への攻撃が止んだようである。

1584年、羽柴秀吉の支援を受けた来島通総が11月頃には忽那島周辺で活動を開始し、1586年2月には来島通総の来島城復帰が、毛利輝元小早川隆景に容認された。
1586年8月、豊臣秀吉の四国攻めが始まると、小早川隆景・吉川元長などの毛利勢と共に伊予・湯築城主・河野通直を攻撃。


この戦功により、弟・来島通総は伊予風早郡1万4000石となると来島城を廃城として鹿島城を本拠とした。得居通幸は3000石で仕えている。

その後、豊臣秀吉の九州攻めだけでなく、小田原攻めや朝鮮出兵にも得居通幸は水軍を率いて出陣している。
しかし、1594年1月末から2月初めの頃に、朝鮮水軍と鳴梁の戦いにて討死した。
後嗣がいなかったため、残された所領などは本家・来島通総(村上通総)に加えられている。

得居通幸とは 海賊として守り抜いた島の城
来島村上家の来島通総と来島城【村上海賊】
湯築城と河野通直~道後温泉脇の古城訪問記
村上水軍と能島城~潮流の激しい海峡にある村上海賊の本拠地
毛利元就のスゴイところはこちら
小早川隆景【詳細版】~毛利家大きく支えた智将
乃美宗勝とは~浦宗勝とも名乗り水軍を率いた小早川家の勇将
毛利輝元とは【かろうじて毛利家をつないだ戦国大名】

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る