村上吉継とは 来島村上家の一族【村上海賊】

村上吉継




村上吉継(むらかみ-よしつぐ)は、来島村上家の重臣で、伊予・甘崎城主であるが、生没年などは不明。
最初は村上助右衛門尉と称しており、のち村上河内守吉継となっている。
村上吉継の本拠地・甘崎城(あまざきじょう)は、天崎城とも呼ばれた。
伊予・大三島の東端にある瀬戸甘崎から160mほど沖にある島城で、古城、岸の城、荒神城とも称される日本最古の水軍城である。



村上吉継は大三島の大山祇神社(三島社)「地頭神主」でもあったようで、荒々しいイメージの水軍頭領ながら、文化人としての教養も深かったようだ。

村上吉継の所見は1554年9月、岩伽羅城の戦い(岩伽羅城合戦)があった際に、高野山上蔵院に報告した書状。
1561年には、豊前・蓑島沖の海戦では、能島・村上武吉、村上吉允、村上武満、村上吉郷、乃美宗勝らと水軍にて毛利家に協力し、大友水軍を討ち果たした。

1567年10月に来島村上家の当主・村上通康が死去すると、幼くして家督を継いだ村上通総(来島通総)を補佐して一族を率いた重鎮・村上吉継であるが、1564年には河野家の奉行としての活動も見られる。

1576年7月の第1次木津川口の戦いにも来島村上水軍を率いて、毛利水軍に加わり、九鬼嘉隆ら織田勢の水軍に勝利した。

1576年8月、西園寺宣久が鞆に到着した際、村上吉継は甘崎城から迎えの船を出している。

甘崎城跡

1582年、織田信長本能寺の変で横死した年から、村上吉継の動向がつかめなくなる。


豊臣秀吉が瀬戸内海の覇権を握ったあと、甘崎城(天崎城)は今治城に入った藤堂高虎の属城となったようで、従弟・藤堂良勝が甘崎城主となっている。

甘崎城(天崎城) 日本最古の水軍城
村上景とは~村上海賊の娘「主人公のモデルとなった女性は?」
村上武吉~瀬戸内海の村上水軍を率いた日本最大の海賊
村上元吉と村上景親~村上水軍を引き継ぐも三津浜夜襲にて討死
村上吉充とは~因島村上水軍を率い厳島の戦いを勝利に導いた武将
九鬼嘉隆~九鬼水軍を率いた織田家・豊臣家の水軍大将
乃美宗勝とは~浦宗勝とも名乗り水軍を率いた小早川家の勇将
大山祇神社(大三島)~国宝と国の重要文化財指定の「甲冑」の4割がココに
今治城~吹揚城とも呼ばれた日本屈指の海城
四国「愛媛」の戦国時代の史跡から幕末史跡まで場所がわかる便利観光地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  3. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  4. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  5. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…

人気の戦国武将

  1. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  2. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 この…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  4. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る