村上景と琴姫とは~村上海賊の娘「主人公のモデルとなった女性は?」


スポンサーリンク
スポンサーリンク

和田竜さんの歴史小説「村上海賊の娘」にて、ヒロインでもあり主人公の村上景(むらかみ-きょう)と琴姫(ことひめ)について調べてみました。

まず、この海賊である村上家と言うのは、戦国時代に瀬戸内海にて君臨した村上水軍であり、本拠地は能島城でした。
作家の和田竜さんは、幼い頃から中学2年生まで、広島に住んでいたようで、両親に連れられて因島を訪れたことがあり、その時に村上海賊の事を知ったと言います。

「譜録・村上図書元敬寄組」(1741年)に、村上武吉の娘が記載されているそうです。
小説・村上海賊に登場する景(きょう)の事ですね。
能島村上水軍の頭領・村上武吉には、村上元吉村上景親と言う2人の息子が実在していますので、娘の1人や2人いてもおかしくはありません。
ただし、村上武吉の娘(女)で、黒川元康(黒川五右衛門元康)の妻、母は来島通康の二女と言う事しか分かっておりません。
能島村上家の系図などにも記載はなく、この村上武吉の娘の実名や、どのような行動をしていたのかを示す史料はありません。

その辺りを、想像を膨らませて小説にしたのが「村上海賊の娘」であり、村上景と言う架空の名前をつけてある訳です。

能島城

ちなみに「景」(きょう)の文字は「小早川隆景」から取ったとお話しされておられます。

更に申し上げますと、村上武吉の長女と考えられる女性がおりますが、穂田冶郎太輔元清公室、実来島通康女武吉養女となっていますので、来島通康の娘を養女としたようです。
ただし、この養女は「村上海賊の娘」で登場する美人な琴姫の事となります。
この村上武吉の養女(琴姫)は、毛利元就の4男・穂井田元清に嫁いだのは事実です。村上武吉の養女(琴姫)は、関ヶ原の戦いにも西軍として参陣した毛利秀元を生んでいます。

そのため、村上景のモデルとなった女性が、村上武吉の実質的な長女である「村上景」と言う事になります。

史実ではないとお怒りの方もおられるようですが、小説やドラマ・映画というものは、そもそもフィクションですので、理解したうえで「村上海賊の娘」も楽しまないといけないのでは?と感じております。

 スポンサーリンク


黒川元康(黒川五右衛門元康)とは?

さて、村上武吉の娘が嫁いだとされる黒川元康(黒川五右衛門元康)も気になったので調べてみました。

黒川五右衛門と言うと、まず伊予黒川家が思いつきます。
伊予黒川家は伊予河野家の一族で、正岡子規の家系としても知られます。

その黒川家は大西町にある河野家の分家である黒川家となります。

因島村上系図では、黒川五右衛門元康の女(娘)を貰った村上氏がいます。
これをまともに受けますと、村上武吉の娘と黒川元康の間に生まれた娘が、因島村上家に嫁いだと言う事です。

曽我部五右衛門と称した黒川美濃守の子が、黒田官兵衛の家臣に見受けられ、1600年の関ヶ原の戦いに、黒田官兵衛(黒田如水、黒田孝高)が九州で軍を発した石垣原の戦い(1600年9月13日)にて討死したとあります。

この曽我部五右衛門と言う武将は、剣山城主・黒川通貫(黒川山城守通貫、黒川五右衛門通貫)の子であったようで、黒川五右衛門と最初は名乗っていた模様です。

黒川五右衛門(曽我部五右衛門)は、黒田家にいた後藤又兵衛が出奔した際に、一緒に同行したともあり、後藤又兵衛の妻を世話したともされています。

この黒川五右衛門(曽我部五右衛門)が「元康」、すなわち黒川元康(黒川五右衛門元康)と同一人物であったかどうかの確証はえられません。

しかし、この黒川五右衛門は討死しましたが、子としては菊太郎通昭がおり、また女(娘)は早世したとあります。

う~ん、関東からではさすがに詳しく調べられませんので、この黒川さんの話は、参考として捕えて頂けますと幸いです。
また、情報をご存知の方がおられましたら、是非下記のコメント欄にでもお寄せ願えますと幸いです。


安宅船

安宅船(あたけぶね)は現在の海軍で言えば、戦艦に相当します。

安宅船

その安宅よりも一回り小型なのが、関船(せきぶね)で、ちっょと小さい分、安宅より快速でした。
更に小型なのが小早(こはや)となります。
小早は小さい分、スピードもでますが、小型と言っても20名~40名で艪(ろ)を漕ぐ船舶でしたので、長さは10m前後と、それなりに大きな船だったとされます。

九鬼水軍では安宅中心の編成で、小早は脇役でしたが、村上水軍では、関船や小早といった快速性を重視した戦術を用いていました。

鬼手とは

鬼手(きしゅ)と言うのは、相手の意表をつく、大胆で奇抜な手法の事を言います。

歴史小説・村上海賊の娘

和田竜さんの小説・村上海賊の娘は「上巻」と「下巻」の2冊が出版されております。


村上海賊の娘

最近は漫画版も出ているようですので、読んでみたくなりますね。

村上水軍と能島城~潮流の激しい海峡にある村上海賊の本拠地
村上武吉~瀬戸内海の村上水軍を率いた日本最大の海賊
村上元吉と村上景親~村上水軍を引き継ぐも三津浜夜襲にて討死
村上吉継とは~日本最古の水軍城である甘崎城(天崎城)も
村上吉充とは~因島村上水軍を率い厳島の戦いを勝利に導いた武将
児玉就英とは~毛利水軍を率いた草津城主
乃美宗勝とは~浦宗勝とも名乗り水軍を率いた小早川家の勇将
小早川隆景【詳細版】~毛利家大きく支えた智将
穂井田元清とは~桜尾城と洞雲寺の陶晴賢の首塚も
眞鍋七五三兵衛と眞鍋道夢斎と沼間道夢斎と沼間義清と松浦安太夫と寺田又右衛門【村上海賊の娘】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  2. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  3. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  4. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  5. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…

人気の戦国武将

  1. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  4. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  5.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る