荒木村重の継室? 荒木だし (荒木ダシ、たし)

スポンサード リンク


 荒木ダシは、有岡城主・荒木村重の正室だとされるが、1561年に荒木村重は正室・北河原長勝の娘との間に嫡男・荒木村次が誕生しているので、荒木ダシは「継室」又は「側室」と呼んだ方が無難か?
 「だし」という名前はクリスチャンネームとする説もあるが真偽のほどは不明。 
 だしは「多子」と書くと言う説もあり。

 いずれにせよ「たしと申はきこへ有る美人」「今楊貴妃」「一段美人に候」と例えられるほどの絶世の美女であったようで、美女の中でも最上級と言う表現が用いられている。

 他には荒木村重の子に荒木村基、岩佐又兵衛(岩佐勝以)らがいるが、荒木ダシが生んだ子であるかどうかは確証がない。と言うより、荒木村重は反逆の将であるため、資料が極端に乏しい。
 (下記写真はNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」より)

dashi2 荒木村重の継室? 荒木だし (荒木ダシ、たし)

 荒木ダシの夫である荒木村重は、摂津池田家(池田城主)の家臣・荒木義村(荒木信濃守義村、異説として荒木高村)の嫡男として生まれた。
 最初は池田勝正の家臣として仕え、池田長正の娘を娶り池田一門衆となっているので、その話をそのまま捕えると、荒木ダシは、池田長正?の娘と言う事になる。

 この池田家は、織田信長の乳母の子として池田氏を名乗る池田恒興(いけだつねおき)、池田輝政(いけだてるまさ)の池田氏とは異なる池田家だとされる。

 荒木村重は、織田信長の信頼も得て、織田信長の最愛の側室であった生駒吉乃(吉野)と先夫(戦死した夫・土田弥平次)の子を荒木村重の妻にさせたと言う。
 生駒吉乃(生駒家宗の長女)も美女として知られるので、この土田弥平次と生駒吉乃の子が荒木ダシだとも考えられている。
 「大坂にて川なう左衛門尉と申者むすめ」とも左京亮宗継入道隆佐記に記述があり、本願寺顕如を実務的な立場から支えた一族である川那部氏の娘とも考えられるが、詳しい事は不明だ。

 荒木村重が織田信長に謀反を起こし、黒田官兵衛有岡城の牢獄に入れられた際、荒木ダシも気にかけていたようだ。
 荒木村重は単身で有岡城を脱出して尼崎城へ逃亡し、次いで花隈城に移り奮戦するが既に劣勢は動かず最後は毛利氏に亡命した。
 有岡城が落城した際には、残された荒木ダシや荒木村重一族と重臣家族への織田信長の処置は過酷だった

 1579年12月13日、重臣の妻子122名は、尼崎の七松という所へ連れていかれ、全員が磔にかけられ、鉄砲や長刀で処刑された。
 下級の武士とその妻子約510名は、4軒の家屋に押し込められ、矢部家定検使のもと、生きたまま焼き殺された。

 荒木一族としては、12月16日、荒木村重の15歳と13歳の娘、村重の20歳の弟、17歳の妹などの荒木一族16人に加え、子供8人が、まずは大八車に縛り付けられ京都市中を引き回された。

 一番 吹田村氏(荒木村重の弟、20歳位)、野村丹後の妻(荒木村重の妹、17歳)
 二番 隼人女房(荒木村重の娘、懐妊中)、荒木だし(荒木村重の妻、21歳)
 三番 だご(荒木村重の娘で隼人女房の妹、13歳)、吹田女房(吹田因幡の娘、16歳)
 四番 渡辺四郎(荒木志摩守の甥で、渡辺勘大夫の娘に縁組して養子に入った、21歳)、荒木新丞(渡辺四郎の弟、19歳)
 五番 伊丹安大夫の妻(伊丹源内宗祭の娘、31歳)と、子(8歳)、北河原与作の妻(瓦林越後の娘、17歳)
 六番 荒木与兵衛の妻(村田因幡の娘、18歳)、池田和泉の妻(28歳)
 七番 荒木越中の妻(荒木だしの妹、13歳)、牧左兵衛の妻(荒木だしの妹、15歳)
 八番 伯々部左兵衛(50歳位)、自念(荒木久左衛門の息子、14歳)
 この他にも車三両に子供7~8人ずつが乗せられ、洛中を上京一条辻から室町通りまでを引かれてゆき、刑場の六条河原に着き、斬首された。

 荒木ダシは当時21歳とされるが、享年24歳説もある。

 「残しをく そのみどり子の心こそ おもひやられて かなしかりけり」と言う辞世の句は、荒木ダシのものとさせる。
 「みがくべき心の月の曇らねば、ひかりととものににしへこそ行け」と言う辞世の句は、信長公記に見えるが、他にもたくさん辞世の句がある。

 処刑の折、彼女達は白い経帷子の上にあでやかな小袖を着て、身分のある女性として着飾っていたと「信長公記」には記されており、護送車から降ろされた後、帯を締め直し、髪を高く結い直し、小袖の襟を開いて、従容と首を差し出したもある。
  
 織田信長が本能寺の変で横死すると、荒木村重は堺に戻り居住。
 豊臣秀吉は、荒木村重の過去の過ちを許し、荒木村重は大坂で茶人・荒木道薫として復帰。千利休らと親交をもって利休七哲のひとりに数えられ茶人として生涯を終えている。

 荒木村重の子とされる岩佐又兵衛は、乳母の助けもあって、有岡城から逃れる事ができ、江戸時代には代表作「洛中洛外図屏風」を描くなどした絵師として活躍したが、母方の「岩佐」を名乗ったとする。実際、荒木村重には側室が1人いたので、岩佐又兵衛が荒木ダシの子であるかどうか? は、よくわからない。
 また、上記のとおり、荒木ダシは、荒木村重の最初の正室ではなく側室や継室(後添えの正室)だった可能性はある。

 → 荒木村重の詳細はこちら

his sengoku88 31 荒木村重の継室? 荒木だし (荒木ダシ、たし)  荒木村重の継室? 荒木だし (荒木ダシ、たし) br c 1761 1 荒木村重の継室? 荒木だし (荒木ダシ、たし)

 スポンサード リンク


↓ 皆様からの心暖まる一票 ↓ 御礼申し上げます。今後の励みになります。
 スポンサード リンク

最後までお読み頂き、深く御礼申し上げます。関連する人物などは下記。

uetsuki

上月景貞 最後は上月城主として羽柴勢に挑んだ

 上月城主・上月景貞(上月景高、上月定之、上月十郎景貞)の上月は こおづき と読む。  元々、

続きを読む

後藤又兵衛

後藤又兵衛 後藤基次 不運な晩年を過ごす

 後藤基次 (ごとう もとつぐ、後藤又兵衛)は1560年、播磨国姫路近郊の神東郡山田村に生ま

続きを読む

中川清秀

中川清秀 荒木村重傘下の有能な武将

 1542年に誕生。父は高山重清(中川重清、中川佐渡守重清)で、母は中川清村の娘。  父である

続きを読む

御着城

お紺 小寺政職の正室 (小寺福職の娘?)

 NHK 2014年 大河ドラマ「軍師 官兵衛」に登場する、 御着城主・小寺政職の正室「お紺」。

続きを読む

中津城

母里吉太夫  母里太兵衛の嫡男 玄界灘で死す

 母里吉太夫(きちだゆう)は、1582年前後の生まれと推定できる。  父は母里太兵衛で嫡男。  

続きを読む

keya

毛屋主水 (毛屋武久)  黒田長政に仕えた黒田二十四騎の一人

 毛屋主水 (毛屋武久) は近江の豪族・田原長久の嫡男として近江国神崎郡で生まれた。幼名は田原虎千代

続きを読む

光姫

黒田 光姫 (櫛橋光)  (くろだ てる)  ~ 黒田官兵衛の正室   

 櫛橋光(櫛橋照)(くしはし てる)は、播磨国加古川の志方城主・櫛橋伊定(くしはしこれさだ、櫛橋左京

続きを読む

no image

直江兼続の正室 お船の方

直江兼続没後のお船の方  直江兼続は正室・お船の方と大変仲が良かったとされ、直江兼続は生涯側室を持

続きを読む

黒田官兵衛

名軍師 黒田官兵衛とは 黒田家とは (黒田孝高、黒田如水)の詳細紹介

 黒田官兵衛(黒田孝高、黒田如水)は天文15年11月29日(1546年12月22日)の朝8時頃に、黒

続きを読む

御着城

小寺政職 黒田官兵衛の能力を高く評価した大名

 御着城主・小寺氏は、もともと播磨国佐用庄の地頭で、室町時代に播磨守護となった赤松氏の一族であり、鎌

続きを読む

 スポンサード リンク



スポンサード リンク


yoshikage
朝倉義景 朝倉家百年の栄華

 朝倉義景(あさくら よしかげ)は越前国の戦国大名で朝倉氏の第10代当

asakura2
小泉長利 朝倉家譜代の奉行衆

 小泉長利(こいずみ ながとし) は、越前・朝倉家の譜代家臣で、祖先は

keya
毛屋主水 (毛屋武久)  黒田長政に仕えた黒田二十四騎の一人

 毛屋主水 (毛屋武久) は近江の豪族・田原長久の嫡男として近江国神崎

ootomo
大友義統  逃亡・改易・失脚・幽閉となった稀代の凡将?

 大友義統(おおとも よしむね)は、豊後の戦国大名である第21代当主・

yoshihiro
吉弘統幸 最後は義を重んじた歴戦の猛者

 吉弘統幸(よしひろ むねゆき)は大友義統の家臣である屋山城城主・吉弘

nagayoshi
森長可 武勇から「鬼武蔵」と称され槍術が得意だった武将

 森 長可(もり ながよし)は、森可成の二男として1558年に誕生した

sakakibara
榊原康政 武勇と知勇を馳せた徳川家の重臣

 榊原康政(さかきばら やすまさ)は1548年に三河国上野郷(現在の愛

tokugawa-ieyasu
徳川家康と言う人物に迫る

 徳川家康は剣術、砲術、弓術、馬術、水術等の武術についても優れていたと

朽木
朽木元綱 織田信長の退却を助けた湖西の朽木領主

 朽木元綱(くつき もとつな)は1549年に、滋賀県西部(湖西)の高島

ishida-ko
うた (皎月院) 石田三成の正室 と 女忍者・初芽局

 石田三成は、妻(正室)のことを「うた」と呼んでいた。  「うた」は

→もっと見る

  • 幕末・維新風雲伝
    ご共有賜り、誠にありがとうございます。




PAGE TOP ↑