稲葉一通と多羅の臼杵法音寺~その系譜は今上天皇まで繋がる・・


スポンサーリンク
スポンサーリンク

稲葉一通(いなば-かずみち)は豊後・臼杵藩の第2代藩主・稲葉典通の長男として誕生しました。
母は丹羽長秀の娘です。
もっとも、生まれたのは1587年6月13日と、豊臣秀吉が九州の覇者・島津義弘を降伏させて九州を平定したころとなります。
この時、父・稲葉典通は、豊臣秀吉の怒りをかい、伊勢の朝熊山に蟄居していますので、そんな状況の中で稲葉一通は生まれたことになります。

その後、父は謹慎を解かれて、1592年の朝鮮攻めにて豊臣秀勝の与力として活躍しています。
この辺りはの稲葉家復活は、稲葉典通の項目をご参照願えますと幸いです。

のち父・稲葉典通は、5万石で臼杵藩主となり、1626年に臼杵で死去しました。

そのあと、家督を継いだの、稲葉一通となります。
稲葉一通は、熊本藩主・加藤忠広が領地没収の改易となった際に、日出藩主・木下延俊と共に八代城の在番を務めたことが見られます。

なお、1641年8月16日、55歳で死去するまで、臼杵城の城下町の整備や開発を引き継ぎ、社寺の造営にも力を注ぎました。

 スポンサーリンク


さて、そんな稲葉一通の正室は細川忠興の娘・多羅(たら)です。

多羅姫は、小倉城主・細川忠興と、正室だった細川ガラシャ明智光秀公の娘)との間で、1588年生まれの娘です。

1602年に、この多羅姫を迎える為、臼杵城主・稲葉貞通と稲葉一通は「法音寺」を造営して、多羅姫(徳雲院殿)の菩提寺としました。

境内もとても綺麗にされている法音寺は、臼杵城からもほど近く、二王座歴史の道のところにあります。

法音寺にある「御霊屋」(おたまや)には、たら姫だけでなく、臼杵藩歴代となる稲葉家お姫様の位牌が祀られているそうです。

なお、法音寺の本堂から左手奥にある墓地の階段を登って、右の方角には御霊屋がありました。

この稲葉一通と多羅が産んだ嫡男・稲葉信通(いなば のぶみち)が跡を継ぎますが、この稲葉家の系譜は下記のとおり繋がりました。

稲葉知通─稲葉恒通─稲葉恒通の娘─勧修寺経逸─勧修寺ただ子─仁孝天皇─孝明天皇明治天皇─大正天皇─昭和天皇─今上天皇(明仁)

さて、法音寺の場所ですが、下記の地図ポイント地点となります。
うそです。ポイント地点は「御霊屋」がある場所を差していますが、その法音寺には東側から階段、もしくは南側から入れます。
道も狭く、駐車場はありませんので、城下町の市営駐車場などを利用してください。

西美濃三人の稲葉一鉄とは~曽根城主の稲葉貞通と深芳野も
臼杵城と丹生島城の戦い~オランダ製大砲の国崩しで島津勢を蹴散らす
孝明天皇とは 終始「攘夷」を望んだその生涯と毒殺説
八代の古麓城と麦島城~そして細川忠興が隠居した八代城と松井興長

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた…
  2.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  3.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…

人気の戦国武将

  1. 南渓瑞聞(なんけいたんぶん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。 生年は不明。 戦国初期…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 錦帯橋(きんたいきょう)は、国の名勝で「日本三名橋」「日本三大奇橋」とも選ばれています。 初代…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る