小田原城と北条氏政・北条氏照の墓~訪問記


スポンサーリンク
スポンサーリンク

小田原城は、戦国時代の関東の覇者である北条氏が本拠とした堅固な城でした。
現在の小田原城天守閣は、8000万円掛けて復元したコンクリート製の模擬天守で、昔の姿を復元したものではありません。当然ながら、江戸時代に建てられた小田原城の本当の天守は当然木造でした。
現在残っている城域は、江戸時代の1632年からの大改修で造られたもので、その時、総石垣となりました。

 スポンサーリンク


要するに戦国時代には石垣ではなく、土塁だったと言う事になります。
北条家の時代、関東の城ではほとんど石垣はもちいられませんでしたしね。
本丸の位置も現在の天守閣の位置では無く、もうちょっと北側(山の方)にあったと考えられています。
その為、近年は、小田原市の積極的な保存活動もあり、山側の古い小田原城の遺構も整備が進んで参りました。

小田原城の天守閣は何度も壊れていて、江戸時代だけでも、東海地震が発生するたびに、倒壊したり、火災にあったり、傾いたり、台風でも倒壊したりしています。そして、今の石垣も関東大震災で多くが崩れたそうです。

よって、現在の小田原城内を散策したり致しますと、江戸時代後期の臭いがプンプンします。
戦国時代の面影はほとんどない小田原城です。
天守閣の中で展示されている刀や甲冑・鎧、鉄砲なども、ほとんとが江戸時代のものです。まぁ、小田原藩が置かれた地ですので、仕方ないですね。天守閣は冷房ないので、とにかく暑い。歴史展示物を見ていても、汗がたくさん吹き出てきます。展示物は撮影禁止でしたので、写真は取れませんでした。

小田原城は明治に入ると天守閣を含む、城内のほとんどの建物が破却されましたが、小田原城が少しずつ復元を進めています。

天守閣は、コンクリート製なので、木造天守に作り変えようなんて小田原市も虎視眈々と予算確保を狙っているようですが、これは大歓迎ですね。
小生が死ぬ前に早く実現しないかと、緊張してしまいます。(^_^;)
ただし、2016年での大改修では今の天守の耐震化工事で延命処置と申しましょうか?、緊急処置とは言え、しばらくの建て替えは無理そうです。

北条家が1590年に延長12キロとも伝わる、土塁と空堀による壮大な「総構え(そうがまえ)」を築いた、戦国時代の小田原城の状況と、現在の小田原城の状況は全く異なると考えて良いです。
北条家の時代では、石垣も採用されていない土塁ですし、天守(本丸)も今の場所と違い、もっと西側の八幡山(小田原高校内)にあり、2層式天守だったとされてます。ただ、堀も深いことがわかり、かなり強固な城であることが伺えました。

ちなみに、小田原城の「総構え」は、豊臣秀吉の大阪城よりも大きかったと事。北条家の城に訪れますと、いずれも築城技術の高さが良くわかります。
豊臣秀吉が小田原攻めを行った際、豊臣勢20万~22万に対して、北条の小田原城は農民も含めた篭城数が約6万とされています。
兵力的には勝てなかったとは存じますが、徹底抗戦はできたのに、無血開場したと言うのは、やはり、北条家は最後に領民のことを考えたと言っても過言ではないと存じております。
ただし、本当のところは、韮山城山中城八王子城、松井田城、松山城深沢城など、関東各地の諸城にも数千程度配置し「長期戦」に伴う、豊臣勢の「兵糧切れ」を狙ったものと推測しています。
大軍の場合、兵糧の補給が難しいですからね。
上杉謙信が10万とも言う大軍で小田原城を包囲した際も、武田信玄が数日で小田原城から撤退したのも、兵糧が心細かったと言う事に尽きると考えています。
よって、20万の豊臣勢が押し寄せても、せいぜい何ヶ月かすれば退却すると北条氏政は考えていたのだと思います。

小田原北條五代祭り や石垣山城のコーナーも是非ご覧ください。

北条氏政・北条氏照の墓

北条氏政・北条氏照の墓は、小田原駅近くにあります。JR小田原駅・東口から歩いても5分くらいの距離です。
車の場合、小田原駅近くにいくつかある100円パーキングに車を止めても行けます。

写真の一番左の墓が北条氏照で、真ん中が北条氏政、右が北条氏政の夫人(正室か側室かなどは不明)となっているようです。

北条氏政と北条氏照は、城下の田村安斉邸で切腹したとされ、北条氏の氏寺・伝心庵に埋葬されましたが、江戸時代に入り放置されていた墓所を小田原藩主・稲葉氏が、北条氏供養のため整備したものです。
なお、北条氏照の墓は、八王子城近くにもあります。

北條早雲(北条早雲)が新井城の三浦道寸を滅ぼしたのも、北条氏政が切腹した7月11日虎の刻であることから「道寸怨霊の祟り」 と北条五代記には記載されています。

下記地図のポッチ地点が、墓のある場所です。小田原駅から本当に近いです。

戦国時代の小田原城への訪問記
八王子の北条氏照の墓
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る