宇多頼忠と宇多頼次とは【真田家や石田家に縁深い武将】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 宇多頼忠(うだ-よりただ)の父は尾藤重吉で、兄に尾藤知宣などがいる。初名は尾藤二郎三郎(尾藤久右衛門、尾藤主膳)と称した。
 この尾藤家は、もともと信濃・中野牧が本拠で、小笠原長時に臣従していたが、武田信玄に敗れると所領を失い没落。
 そのため、本拠を井伊直政の知行地に近い、遠江の引佐郡に移して堀川城を築き、今川義元に従ったと推定される。

 しかし、織田信長との桶狭間の戦いで今川義元が討たれると、父・尾藤重吉と長兄・尾藤又八郎は森可成を頼り、次兄・尾藤知宣は羽柴秀吉を頼ったが、宇多頼忠は引佐郡に残って、のち武田信玄に臣従した。

 そして、1564年頃に、長女・山手殿を武藤喜兵衛(後の真田昌幸)に嫁がせたとする説がある。
 ※山手殿の出自には諸説あり。

 1569年、徳川家康が3000にて堀川城の尾藤主膳を攻めて、城兵・農民など1700を殺害したともある?

 1575年、長篠の戦い武田勝頼が大敗北すると、宇多頼忠は兄・尾藤知宣(羽柴秀吉の黄母衣衆・大母衣衆250貫)を頼って近江・長浜城へ赴き、羽柴秀長の家臣に加わっている。
 そして、羽柴秀吉や羽柴秀長の出世に伴い、自身も藤堂高虎に次ぐ13000石と重臣になり、1578年頃には次女・皎月院(うた)を石田三成に嫁がせた。

 兄・尾藤知宣は四国征伐でも武功を挙げ、1586年、讃岐・宇多津5万石となっている。

 その後、改易された仙石秀久の後継となり、軍監として黒田官兵衛小早川隆景などの諸将を指揮し、九州征伐に挑んだが、根白坂の戦いにて藤堂高虎らの活躍により勝利するも、敗走する島津勢を追撃せず、好機を見逃したとして、羽柴秀吉の怒りを買い、所領を没収されてしまう。

 兄・尾藤知宣(尾藤知定・尾藤知重・尾藤光房)は、伊勢に潜伏後、小田原攻めにて勝利した豊臣秀吉の前に剃髪して現れて、復帰を願い出たが許されず、下野に護送されると路上にて処刑された。
 ※那須で斬殺されたともある。

 連座を避けるため、尾藤知宣の弟である宇多頼忠は、この時「宇多頼忠」と改名し、13000石を返上すると婿の石田三成のもとに身を寄せた。

 1600年9月17日、関ヶ原の戦いにて石田三成が敗れ、佐和山城が攻撃にさらされると、宇多頼忠は子の宇多頼重、石田三成の父・石田正継、石田三成の兄・石田正澄らと共に自害して果てた。

 また、石田三成の家臣・土田桃雲が、皎月院(うた)らを刺殺し、佐和山城の天守に火を放ったとされている。

 スポンサーリンク


宇多頼次

 宇多頼次(うた-よりつぐ)は、1590年に処刑された尾藤知宣(尾藤知定・尾藤知重・尾藤光房)の嫡子で、宇多頼忠に習って、姓名を宇多頼次と改名していた。

 この宇多頼次は、石田三成の父・石田正継の養子となって、石田頼次と名乗り、真田昌幸の娘・菊姫を正室に迎えた。

 なお、宇多頼次も、石田三成に殉じて、佐和山城で宇多頼忠らと共に自刃したとする説があるが、大坂城下の石田屋敷を警備していた事から死は免れて、のち寺沢堅高の家臣に加わったとする説もある。

 次男・宇多知則は、のち細川忠利に仕えて島原の乱で討死しているが、子孫は熊本藩士として残っている。

 宇多頼次の没後、真田昌幸の娘・於菊は、上田城に戻ったようだが、その後、滝川一積に再嫁した。

山手殿に関してはこちら
真田昌幸とは?
仙石秀久~武勇にも優れた情に篤い武将
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将
佐和山城の訪問記と佐和山城の戦い【佐和山城の登山道写真】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  3. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る