土田御前(どたごぜん)とは~信長の母

土田御前




土田御前(どたごぜん)を一番分かりやすくご説明すると、織田信長の母親と言えよう。
 
土田御前は織田信長の父・織田信秀の継室であるが、実名は不明。一説には土田政久(土田治郎左衛門秀久)の娘とも。

織田信長を生んだ他、織田信行、織田秀孝、織田信包お市の方、お犬の方(佐治信方正室)を生んでいる。

うつけと呼ばれた織田信長を嫌い、夫・織田信秀の死後は、可愛がっていた次男・織田信行と共に尾張・末森城に居住した。


織田家の家督争いで、織田信行が敗れると、織田信長に命乞いをして一度は許されたが、結果的に織田信行は誅殺されている。

明智光秀本能寺の変で、織田信長と織田信忠が亡くなった当時は安土城におり、濃姫らと日野城を経た後、孫の織田信雄の庇護を受け「大方殿様」と尊称され、640貫文を化粧料として与えられている。

織田信雄の改易後は、織田信包を頼り、1594年1月7日に死去。墓所は三重県津市の塔世山四天王寺

下記は尾張・勝幡城近くの、名鉄・勝幡駅の北口にある、土田御前と子供の織田信長(吉法師)の銅像です。

尾張・末森城 織田家と稲生の戦い
勝幡城 織田家が躍進を遂げる本拠となっていた平城
織田信秀 名将が乗り越えられなかったもの
織田信行(織田信勝) 信長の弟の数奇な運命
織田信長と言う人物に迫る
尾張・末森城 織田家と稲生の戦い




高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る