後藤将監屋敷跡と高山四郎時貞館跡【八王子市】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

このページでは東京都八王子市に伝承がある高山四郎時貞館と後藤将監屋敷をご紹介致します。

高山四郎時貞館(高山城)

高山城(高山四郎時貞館)は、高山時貞という武士の館があったと地元の伝承があります。
場所は現在「館町団地」と言う新興住宅街になっている八王子市館町にある高山と呼ばれる丘です。

新編武蔵国風土記稿によると、丘陵に食い違いの土塁があると記載されています。
一説には、鎌倉幕府第14代執権・北条高時の弟である、北条泰家(北条四郎左近将監泰家)の持城があったともされ、高山四郎時貞と同一人物ではないかとする説もあるようです。
しかし、高山時貞と言う武士がいつの時代の武将であったのかなど、全く不明であると言った方が、正しいように思えます。

丘の西側は「殿入」と言い、他にも「鍛冶谷戸」などの地名が残っています。

東京都の発掘調査では、館跡は特定できませんでしたが、館町第1地点遺跡からは生活用品が出土していますので、その辺りを撮影したのがページトップの写真です。
調査後は造成され住宅地にっていますので、遺構を示すものなどはありません。

下記の写真は、国道20号の八王子南バイパスが館町団地の真ん中を貫通するのですが、その場所の写真です。

高山四郎時貞館

高山四郎時貞館(高山城)の場所は不定ですが、ページトップの写真は、発掘調査の結果、一番怪しい下記のポイント地点にて撮影して参りました。

後藤将監屋敷跡

八王子市みなみ野にある後藤将監屋敷跡は、宇津貫町殿台の台上となります。

東京都の発掘調査によりますと、南八王子地区No.24殿台遺跡とされ、集落跡・城館跡、平安期の住居跡1、近世の建物跡1、井戸2が出土しましたる
武蔵国風土記稿と武蔵名勝図会では、医師である後藤将監が住んだ屋敷跡と言う伝承があり、東方に突き出た台地の先端部に位置したと言います。

後藤将監屋敷跡

この後藤将監は、小田原城主・北条家に仕えた医師で、1607年に没し、法名は才郷長勤居士と言います。
また、福昌寺の中興開基とされています。

後藤将監屋敷跡

後藤将監屋敷は、現在のみなみ野君田小学校のある付近にあったようですが、造成され改変されてしまっており、遺構などは残されておりません。

写真撮影した場所は、下記の地図ポイント地点となります。

片倉城(東京都)~気軽に散策できる古城は毛利家に繋がった
近くの浄泉寺城(近藤砦)もセットでどうぞ
八王子の史跡・史蹟一覧~八王子城・滝山城からマイナー館跡まで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  3. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  4. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  5.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…

人気の戦国武将

  1.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。  武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…
  5. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る