甲斐・善光寺【武田信玄と信濃・善光寺との関係は?】



 甲斐の善光寺は1558年に武田信玄が創建した寺です。
 開山は信濃善光寺大本願三十七世の鏡空。

 武田信玄上杉謙信が「川中島の戦い」で雌雄を争ったことは有名ですが、元々「善光寺」と言うのは信濃(長野市)にあります。

 1555年に、今川義元の仲介で、武田信玄と上杉謙信が和睦すると、上杉謙信は信濃・善光寺の大御堂本尊・善光寺如来や、寺宝を越後へ持ち帰って、直江津に如来堂を建立し安置しました。

 そのため、武田信玄は1557年2月15日に葛山城を陥落させると、信濃・善光寺本尊の阿弥陀如来像や寺宝を甲府に持ち帰り、善光寺別当の栗田氏らも甲府へ転居したのです。
 なお、善光寺の別当・栗田毛一族は、武田方と上杉方にと分裂しています。



 秘仏とされる善光寺如来が甲斐に到着すると、甲斐の領民は非常に喜んだと塩山・向嶽寺の記録に残っています。

 善光寺如来は仮堂に収められ、1565年に甲斐・善光寺の本堂(金堂)が完成すると、ようやく入仏供養が行われたと言います。

甲斐・善光寺

 1582年、織田信長の甲斐攻めにおいては、甲斐を占領した織田信忠がこの善光寺に入り、戦後処理を行いました。

 小山田信茂らが織田信忠に挨拶にきた際に、一族がこの善光寺にて処刑されたとされ、また、武田信玄の6男・葛山信貞もここで自刃または処刑されたと言われています。

 1582年に武田勝頼が自害して武田家が滅んだあとは、徳川家康・羽柴秀勝・浅野長政加藤光泰浅野幸長らの寄進状も見られますが、本尊像は1598年に信濃・善光寺に戻されました。
 そのため、現在の本尊は銅造阿弥陀三尊像(秘仏)で、信濃・善光寺の御開帳に合わせて公開されています。

甲斐善光寺

 有料拝観は8:30~16:30で、本堂・宝物館共通券が500円です。

 境内には武田家臣横田高松の墓とされるものと、豊臣秀吉の家臣で、1590年から甲斐を治めた加藤光泰の墓所があります。

甲斐善光寺

甲斐善光寺の駐車場

 甲斐・善光寺には無料の駐車場があります。
 下記の地図ポイント地点が駐車場の入口となります。
 大型バスも無料です。

武田信玄についてはこちら
武田義信と諏訪頼重【東光寺】甲斐の由緒あるお寺
高野山・奥の院にある武田信玄・武田勝頼の供養碑
甲府城~甲府駅からも近くて便利な近世城郭を堪能する方法
武田信玄と武田家ゆかりの城・寺院・合戦場・隠し湯など一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  2. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  4. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  5. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  4. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  5. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る