2分でわかる【牧宗親】解説~平氏の家人で都にも精通した御家人

牧宗親





牧宗親とは

牧宗親(まき-むねちか) は、平安時代末期の公家?に近い家人で、長年、平氏平頼盛に仕えていた。

出自に関してはよくわからないが、藤原宗兼の子で、藤原宗子/池禅尼(いけのぜんに、平清盛の継母)と牧宗親(大舎人允宗親)が兄弟である可能性もある。
そのため、藤原宗子(池禅尼)が産んだ、平清盛の異母弟・平頼盛(たいら-の-よりもり)を後見していたのかも知れない。
武将ではない可能性があるのは、鎌倉時代初期の書物「愚管抄」(ぐかんしょう)にて、牧宗親のことが「武者にもあらず」とあるため。
しかし、平氏から所領は受けていたようで、駿河・大岡牧(静岡県沼津市大岡)を平頼盛に寄進したともある。
寄進して牧の牧司と認められたのか?、牧の牧司として京から派遣されたのか、どちらかであろう。
伊豆・北条荘北条氏とも、領地が近いが、大岡荘は、北条時政の領地だった可能性もあり、吾妻鏡においては、北条時政の最初の継室・牧の方が、牧宗親の娘(または牧宗親の姉)とされる。
<注釈> 吾妻鏡では牧宗親を兄、愚管抄では牧宗親を父としている。



牧宗親(牧三郎宗親)のエピソードとしては、下記の通り。
1182年11月、北条政子源頼家を出産する頃、源頼朝は愛妾・亀の前と浮気をする。
この浮気を、牧宗親が、牧の方に伝えると、北条政子も知る所となる。
怒った北条政子は、牧宗親に命じて、亀の前の住まい(伏見広綱の逗子にあった屋敷)を破壊させてしまった。
伏見広綱は、亀の前を連れて、大多和義久鐙摺城に逃れている。

この騒動をしった源頼朝は、牧宗親と鐙摺館を訪れて、伏見広綱と牧宗親を尋問。
牧宗親は、無言で平伏するばかりだったため、源頼朝は、茎宗親の髻を切って反省を促した。
<注釈> 髻(もとどり)とは、髪の毛を、頭の上で束ねたもの。



この仕打ちに、北条時政や北条政子が怒ったため、北条氏は一族で、伊豆へ引き揚げた。
江間者(北条義時)は、鎌倉に残ったため、源頼朝から称賛を受けている。
なお、この騒ぎを治めるため、1ヶ月後、伏見広綱は遠江へ流罪となった。
個人的には、牧宗親が同じ京から来た、伏見広綱を嫌って、排除したのかな?とも感じる。

1185年には、壇ノ浦の戦いでの捕虜・平宗盛を連れた、源義経が鎌倉へ戻るところ、北条時政が酒匂宿(小田原)にて出迎えた。
この時、北条時政の主従として「武者所宗親」が随従したとある。
また、、源頼朝が勝長寿院・南御堂供養に出向いた際の従者32名のなかに、牧武者所宗親の名がある。

建久2年(1191年)、牧の方が京都より鎌倉に戻った際に、兄弟の武者所宗親と、外甥・越後介高成などが従ったとある。
1192年には、武者所宗親の屋敷「浜の家」が焼失した模様。
1195年、源頼朝が東大寺の供養のため赴いた随兵に、牧武者所の名があるのが最後。



牧宗親の生没年は不詳。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、俳優の山崎一さんが、牧宗親を演じられる。

大岡時親は同一人物?

吾妻鏡において、1203年、比企能員の乱のあと、突然、大岡時親なる武将が現れている。
大岡時親は、北条氏の監察として検非違使判官になったと言う。
比企能員も検非違使判官だったので、地位としては高い。
しかし、この大岡時親は、それ以前も、このあともあまり記述がみられないため、牧宗親である可能性が指摘されている。

牧政親・牧国親

1170年頃に生まれたとされる、牧政親(まき まさちか) がいる。
北条時政の継室となった牧宗親の娘・牧の方の一族とされ、牧六郎政親とも言う。
政の字は、北条時政が与えた可能性もある。
奥州藤原氏との合戦の際に、牧政親は、藤原泰衡に通じていたとして、源頼朝の不興を買い、北条時政に預けられたと伝わる。



鎌倉時代初期の「閑谷集」という歌集は、作者不詳だが、その作者が、1185年から駿河国大畑(裾野市大畑)に庵を結んだとされる。
となると、牧宗親の弟・牧国親(牧四郎国親)の子が、執筆した可能性がある。

北条時政の解説(わかりやすく)~執権としての生涯と牧の方「伊豆韮山にある願成就院」
北条政子の解説【尼将軍と呼ばれた御台所】鎌倉殿の13人
亀の前【源頼朝の妾】おもしろ解説
伏見広綱の解説【鎌倉殿の13人】源頼朝の側近である右筆
鐙摺城(あぶずりじょう) 葉山にある海辺の小さな城跡
牧の方 (北条時政の継室) 解説【流れをわかりやすく】
大多和城(太田和城・大田和城) 大多和義久の居城
鎌倉殿の13人 キャスト・出演者一覧リスト

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. お市の方 (お市) お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る