足利直冬 反逆の貴公子 生涯をかけて足利家に反抗した尊氏の次男

足利直冬




鎌倉時代末期から南北朝時代。利害により敵味方が入れ替わる激動の時代。
そんな時代において本来、肉親は信頼できる味方になり得るはず。
今回紹介するのは、足利尊氏の息子の足利直冬(あしかが-ただふゆ)。
青年に達した時期から父である尊氏、また義理の兄弟である義詮(2代将軍)の
反対勢力として存在することになります。

反対勢力となったのはなぜか?
また、尊氏・義詮に対してどのような反抗勢力であったのか?
直冬の軌跡を辿ってみることにしましょう。


不遇の生い立ち~尊氏に敵対するようになった主要因~

足利直冬の生年はわかっておらず、没年は1387年とされている。
幼名は新熊野(いまくまの)。
尊氏の次男として生まれ、兄に竹若、弟に義詮、基氏らがいる。
尊氏が鎌倉幕府に反旗を翻した時、鎌倉にいた竹若、直冬は命の危険にさらされる。
1332年、竹若は北条の手にかかり殺害されてしまうが、東勝寺の喝食をしていたとされる直冬は生きながらえた。そのため、実質的な長子と考えられる。

母は越前局。
この母の出自ははっきりしていないが、身分が低かったとされている。
直冬は、越前局と尊氏の一夜の情で生まれたと思われていた。
そのため尊氏は、成人し東勝寺の喝食をやめて上京してきた直冬を
自分の子だと認めなかった。
認めなかったのは、尊氏の正室である赤橋登子が讒言したからとも言われている。

直冬は、父に認められる機会を待ちながら、
玄慧法印(後醍醐天皇に学問を講義していた)の下で学問に励んだ。
玄慧法印から直冬のことを聞いた足利直義(尊氏の弟。兄尊氏に匹敵する権力を持つ)は、この甥の生い立ちを憐れみ、義理の息子とした。
この時「直」の字をもらい「直冬」と名乗るようになる。
その後、直義の尊氏への直訴が実り、晴れて「直冬は子である」と認識されるようになった。しかし、認めたものの尊氏は、本心から直冬に心を許しているわけではなった。


そのような尊氏の心境を察してか、足利直義はこの後も足利直冬のことを気にかけており、
戦功をあげる機会も提供している。
折しも、紀州の南朝勢力が蜂起したので、直冬を追討軍の大将として派遣をする。

尊氏から足利将軍家の息子として評価される絶好の機会。
直冬はこの初陣で、南朝勢力を鎮圧する働きを見せた。
しかし、尊氏はその功に対して冷ややかな態度をとり、
尊氏の気持ちをおもんばかる家臣団も武功に賛辞を送らない。

初陣の翌年にあたる1394年4月、突如として直冬は中国探題に任命される。
中国地方8ヵ国を管轄する重要な役割であるが、現地(中国地方)に
赴く必要がある。そして、直冬が功を立てたとはいえ、ただの一度。
つまり「直冬を京都から遠ざけたい」という尊氏を中心とした幕府からの
左遷とも受け取れる命令だった。


このような状況の中で直冬は、父である尊氏や、その取り巻きに対する
憎しみを覚えるにいたる。また同時に、自分の境遇を憐れみ、
父との面会を仲裁、名を与えてくれて、活躍の場まで考えてくれる義父への
愛情を強くしていく。

「尊氏憎し。直義を助けたい」という感情が、
このあとの尊氏×直義の政争の中で、「幕府憎し。直義軍を助ける」
という行動原理となり、結果として生涯幕府と戦い続けることになる。

尊氏勢力との対立(九州での挙兵~京都占領・撤退)

(襲撃)
中国探題への任命から4カ月後の1349年8月、
幕府内で主導権争いが勃発。
直義は失脚し、幕府の政務は甥(尊氏の息子)の義詮に継承された。
ここで尊氏が気になるのは、西国の8ヵ国を管轄する直冬の動向である。
今までの経緯を考えると、直義を擁護する行動をとるであろうと予想されるからだ。
足利尊氏は、側近の「直冬を討つべき」という提案を受け入れて、
討伐の軍を起こすこととなった。


同年9月、直冬は尊氏の息のかかった杉原又四郎の軍勢に襲撃を受ける。
直冬は、防戦したが衆寡敵せず。船で九州へ逃れることになった。
慕っている直義が失脚、また理由もわからずに襲撃を受けたこの事件が
引き金となり、生涯をかけ尊氏の反対勢力として戦う日々が始まるのである。

(九州での勢力拡大)
家臣の河尻氏の本拠地である熊本に拠点をおいた直冬は、
九州の武士たちに従属することを求めた。
当初は思うように事が運ばなかったが、九州北部を代表する勢力である大宰府
少弐頼尚が直冬を婿として迎えたことにより潮目が変わる。
続々と武士たちが直冬に応じるようになった。
この後、直冬の勢力は九州だけでなく中国地方にも拡大し、
幕府も無視できない一大勢力となる。

『太平記』には、中国探題に任命された当時の直冬のことを
「人々が皆従順に直冬に従った」という意味の文書で記録している。
直冬には足利の血と、人を引き付ける魅力があったようである。

(決戦)
同年10月、尊氏・師直を中心とした直冬討伐軍が
西を目指し京都を出発した。
直冬の窮地を察した直義は、京都から脱出。
幕府の中枢にいる時は、敵として対峙していた南朝戦力と手を組み挙兵した。


西を目指していた尊氏は、手薄な京都を直義と南朝戦力に奪われることを恐れ、
軍を引き返す。そして、義詮と連合して直義軍と戦うが敗北し、直義と和睦。
これにより、直冬の尊氏との親子対決は回避された。
また、今回の和睦で直義は幕府内で権力を回復しており、
自分の政治的基盤を強化する意味もこめて、直冬を九州探題に任命した。

しかし、和睦は長くは続かない。
直義は、南朝、尊氏の双方と決裂してしまうのである(観応の擾乱)。

今度は南朝と手を組んだ尊氏父子が、後村上天皇より
綸旨を得て直義の討伐を開始。
1352年1月、直義軍は連敗し、鎌倉の寺院に幽閉されるが
1カ月後に急死。毒殺されたとも言われている。

直冬が九州探題となって時が経たないうちに、庇護者である直義が死去してしまった。
九州地方へこの情報が流れると、直冬から離反する武将が続出。
大宰府を守ることができなくなったので、中国地方へ拠点を移すこととなった。

一方、全国に存在する直義派は、直義の死により次の盟主を求めていた。
白羽の八を立てたのが直冬。血統、直義との関係性いずれも申し分ない。
まずは、畿内の直義派である石塔氏、吉良氏によって
直冬と南朝の講和が進められ、1352年に成立する。
北陸の直義派である桃井直常、山名時氏、斯波高経らも
直冬を大将と仰ぎ、反幕府勢力が直冬の下に集結することになる。

翌1353年、直冬と南朝の連合軍は京都へ攻め込み、
義詮を京都から駆逐する。
美濃に撤退した義詮は、播磨の赤松則祐と東西から挟撃の作戦を画策。
これを察知した、直冬・南朝の連合軍は不利を悟り京都から撤退する。


尊氏勢力との対立(南朝勢力の総司令として再び京都へ)

1354年、南朝の忠臣で謀臣でもあり宰相でもある北畠親房が死去する。
直冬はその後を継ぎ、後村上天皇からの綸旨を受け、
親房に代わり指揮をとり尊氏。義詮と戦うことになる。
岩見に拠点を移していた直冬は、伯耆で山名時氏と合流し京都へ向け軍を進めた。

「息子の直冬が敵対勢力と手を組み、そればかりか総司令の立場で戦をしかけてくる」
直冬の京都への進撃が近づくと尊氏は東へ、義詮は西へ撤退。
1355年、桃井勢、斯波勢ら北陸の諸将が尊氏・義詮不在による
軍事的空白の京都に入る。時を経ずに、直冬本軍含む中国勢も入京を果たした。

無血占領の喜びも束の間、大津付近に尊氏、高槻付近に義詮が布陣し、
京都を挟み撃ちする姿勢を見せた。

直冬も尊氏・義詮と直接対峙すべく軍を展開。

東の尊氏に対しては、斯波軍、桃井軍の北陸勢6,000。
西の義詮に対しては、吉良、石塔、楠木の吉野勢3,000。
さらに山名軍を中心とする山陰勢5,000。
直冬自身は東寺を本陣とし、尊氏・義詮に備えた。

いよいよ、父尊氏との戦である。
直冬は、以下のような趣旨の願文を東寺に納めて戦勝祈願をしている。

「敵には将軍である父がいる。戦いを挑むのは心が痛い。
 戦うのは、将軍を取り巻く佞臣を取り除くためです。
 私欲で戦っているのではありません」

決戦を前にしているものの、尊氏への未練が断ち切れない
直冬の気持ちが表れている。


戦いは、義詮が布陣する西側から始まった。
昼夜問わず戦が展開される中、直冬方の桃井軍の立て籠もる戒光寺が
占拠される。敗色濃厚とみた直冬は、京都市街の南部、八幡方面に撤退を開始する。

八幡には、直冬を慕い数万の軍勢が集結した。
この大軍で尊氏軍に最後の決戦を挑む、という兵達である。
一方、尊氏と直接対決をした後であるにもかからず、まだ未練が断ち切れない直冬。
迷いを断ち切るために合戦継続の吉凶を八幡の神に尋ねた結果、
「親不孝者の供物は受けない」との御宣託が受けてしまう。
これを聞いた諸将が「直冬様の覚悟では尊氏は討てない」と思い
国に兵を引き上げたため、直冬も合戦を継続できず戦場を離れた。

この後、直冬は歴史から姿を消し、1387年まで生きたとされている。

直義を父と慕いながら、尊氏を憎み切れない直冬の葛藤が、
戦に勝ちきれなかった要因のひとつであるように思える。
尊氏も自分をよくしてくれた後醍醐天皇への情を断ち切れず、
兵を向ける際にはノイローゼになったと言われている。
境遇は違うが、尊氏・直冬父子の「非常になり切れない人の好さ」
が共通点として垣間見える。

関連史跡

*「智教寺天下墓」(広島県北部の安芸高田市 美土里町と島根県 邑智郡 邑南町県境)

室町幕府第15代将軍である足利義昭の供養墓とされているが、
足利直冬の墓とも言われている。

*南陽山慈恩寺(島根県 江津市)

晩年の足利直冬が出家隠棲した寺と言われている。
寺伝によれば、直冬はこの寺で1400年まで生きたとされている。


寺院内には「大檀那 足利直冬公」「慈恩寺殿玉渓道昭居士」の法名が刻まれ
た記念碑がある。供養堂には「足利直冬像」とされる法躰像が安置されている。

(寄稿)渡辺綱

5分で分かる足利尊氏とは
赤橋登子とは 足利尊氏を支えた最後の執権の妹
高師直 ~非凡な才と苛烈さで恐れられた南北朝の武将~
後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代になった背景
太平記 (大河ドラマアンコール) 出演者・キャスト
厳島合戦 勝利の要因は村上水軍のみにあらず

共通カウンター

渡辺綱

投稿者プロフィール

日本史を中心として、東アジア史全般(中国、朝鮮、満州)に興味あり。 
好きな作家:司馬遼太郎、黒岩重吾、陳舜臣、海音寺潮五郎、今東光、
      吉川英治、山岡荘八、宮城谷昌光

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る