赤橋登子とは 足利尊氏を支えた最後の執権の妹

赤橋登子




赤橋登子(あかはし-なりこ、あかはし-とうし)は、鎌倉時代末期の1306年に、北条久時(赤橋久時)の娘として生まれました。
母は、鎌倉幕府8代執権・北条時宗の異母弟である北条宗頼の娘です。
兄に最後の執権となった北条守時(赤橋守時)、鎌倉幕府最後の鎮西探題になった赤橋英時(北条英時)があります。
赤橋家は、鎌倉幕府で執権を務めた北条得宗家に次ぐ高い家格の北条一門です。
そして、この頃、最大の有力御家人であった足利貞氏の跡取り息子である足利高氏(足利尊氏)に、
赤橋登子は嫁ぎました。
1330年に、嫡男・千寿王(足利義詮)を産んでいます。


1333年、後醍醐天皇が隠岐を脱出し、鎌倉幕府倒幕の挙兵をすると、夫・足利尊氏は名越高家と共に幕府軍として出陣しまた。
この時、鎌倉幕府は人質として、赤橋登子と千寿王を鎌倉にとどめ置いています。
なお、名越高家が討死すると、後醍醐天皇の誘いを受けた足利尊氏は、反旗を翻して所領の丹波にある篠村八幡宮で、反幕府の兵を挙げました。
そのため、赤橋登子と4歳の千寿王は、鎌倉を脱出しました。
その後、千寿王を擁した足利勢は京の六波羅探題を滅ぼし、その翌日には新田義貞が関東で挙兵し、鎌倉の戦いとなって、鎌倉幕府は滅亡しました。


その後、足利尊氏が室町幕府の初代将軍になると、赤橋登子は御台所として従二位に叙せられています。
なお、足利尊氏の庶子・足利直冬の認知には反対していたとされ、無事に2代将軍に足利義詮を据え、鎌倉公方にも子の足利基氏を就任することを後押ししました。
また、足利尊氏との仲は、よかったと伝わります。

延文3年(1358年)、足利尊氏が死去したあとは「大方殿」と呼ばれましたが「大方禅尼」とも呼ばれているため、夫の死により出家したと言う事になります。

正平20年(1365年)5月4日に赤橋登子は死去。享年60。


戒名は登真院殿定海大禅定尼。
火葬されて、京都・仁和寺の等持院に埋葬されました。
死後、従一位を追贈されています。

5分で分かる足利尊氏とは
足利直冬 反逆の貴公子 生涯をかけて足利家に反抗
新田義貞とは 鎌倉を落とした男【新田義貞挙兵の地・生品神社】
後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代になった背景
北条高時 鎌倉幕府の第14代執権の生涯を5分で
赤橋守時(北条守時)とは 鎌倉幕府最後の執権(16代)も・・・
井出の沢の戦い【中先代の乱と町田・菅原神社】
篠村八幡宮「旗立楊」ここから鎌倉幕府打倒が始まった足利尊氏出陣の地
新田義貞とは 鎌倉幕府を滅亡させるも
太平記 (大河ドラマアンコール) 出演者・キャスト

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る