赤橋守時(北条守時)とは 鎌倉幕府最後の執権(16代)も・・・

赤橋守時(北条守時)




赤橋守時(あかはし-もりとき)は、鎌倉幕府第16代執権になった鎌倉時代末期の武将で、生まれは1295年です。
北条一門であることから、北条守時(ほうじょう-もりとき)とも呼びます。
父は六波羅探題も務めた北条一族である赤橋流の北条久時で、母は北条宗頼の娘です。
赤橋家(赤橋流)は、北条得宗家に次ぐ高い家格であり、妹の赤橋登子は、御家人最有力の足利尊氏の正室になっています。
屋敷が赤橋(現在の鶴岡八幡宮・太鼓橋)の近くにあったため、赤橋を称しました。


1307年、北条守時は、僅か13歳で従五位下左近将監に叙任されており、北条一門の中でも格別な家柄であることがわかります。
1311年、引付衆就任を飛ばして、いきなり評定衆に加わりました。
ただし、幕政の実権は、内管領の長崎円喜・長崎高資と、外戚である安達時顕が握っていました。

その長崎氏と安達氏が、次の執権を誰にするかで揉め、第15代執権に一門の長老である金沢貞顕が選出されましたが、たった10日で辞任しています。
このように、争いに巻き込まれるのを嫌って、執権につく北条一門がいない中、1331年、引付衆一番頭人であった赤橋守時が、第16代執権に就任しました。
連署(執権の補佐役)には大仏維貞が就いています。
その他、引付頭人の筆頭に北条茂時、2位・金沢顕実、3位・北条時春、4位・大仏貞直、5位・安達時顕がついています。


しかし、権力の中心は、出家していた元執権の北条高時や、内管領・長崎高資らにあり、多くの難問が噴き出し、鎌倉幕府は諸問題に対処できない機能不全に陥ります。

1333年5月、後醍醐天皇が隠岐を出て挙兵したため、妹・赤橋登子の夫である御家人筆頭の足利高氏(足利尊氏)らが、討伐のため京に向かいました。
しかし、後醍醐天皇の誘いを受けて寝返り、鎌倉幕府の京の機関「六波羅探題」を攻め落とします。
また、人質に取っていた妹・赤橋登子と、千寿王丸(足利義詮)も鎌倉から逃れたため、北条高時は、赤橋守時に謹慎を申し付けました。


やがて、関東で挙兵した新田義貞の軍勢が鎌倉に近づくと、赤橋守時(北条守時)は、真っ先に出陣して、巨福呂坂にて新田勢を迎え撃ちます。
このとき、糸口貞満と激戦を繰り広げましたが敗れて、侍大将・南条高直ら90余人と洲崎(神奈川県鎌倉市深沢)まで撤退すると自刃しました。享年39。
自分は足利の縁者であるから退却できないと、死を選んだとされます。
南条高直らや、庶子とされる子・赤橋益時も、父に共に自害したと伝わります。

5分で分かる足利尊氏とは
長崎円喜 長崎高資 鎌倉幕府末期の最大権力者
新田義貞とは 鎌倉を落とした男【新田義貞挙兵の地・生品神社】
後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代になった背景
楠木正成とは 大楠公の知謀を探る
日野資朝とは~鎌倉幕府打倒の夢に殉じた行動派の公卿~
太平記 (大河ドラマアンコール) 出演者・キャスト

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 稲葉一鉄
    稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の美濃・本…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る