簗田政綱 桶狭間の戦いで信長から最も評価された武将

簗田政綱




簗田政綱(やなだ-まさつな)は、戦国時代の武将で、生年や没年は不詳ですが、尾張の戦国大名織田信秀に仕えていました。
初めは尾張守護・斯波義統の家臣でしたが、のち織田信秀に仕えると九之坪城(愛知県北名古屋市)を与えられました。
梁田広正と書く場合もありますが、梁田広正は子供の名前ともされています。
1559年、領内に十所神社を建立しています。
1560年、桶狭間の戦いで、籠城を唱える家臣が多い中、織田信長が討って出る奇襲に簗田政綱は賛成したとされます。
そのため、秘かに今川義元の本陣を調査して、織田信長の本陣へ報告させ、更には田楽狭間にいた今川勢の裏手に回り奮戦したとも言います。
蜂須賀正勝と簗田政綱の2人が調べるようにと命じられたともあります。


兵力的にもピンチだった織田勢でしたが、今川勢の本陣を急襲すると、服部小平太が今川義元に最初に槍を刺し、毛利良勝(毛利新介)が、今川義元の首を挙げ、見事、桶狭間の戦いにて大勝利を収めます。

戦後の論功行賞では、誰もが、毛利良勝(毛利新介)が一番の手柄と推測していた中、織田信長は、最大の功労者として、簗田政綱の名を最初に呼びました。

いくら、敵の大将の首を取るにしても、その居場所がわからないことには、ピンポイントで攻められません。
約2万5000もの大軍が、桶狭間にて陣を構えている場合には、1箇所だけではなく、何箇所にも部隊が分かれています。
その2万5000人の中より、確実に、今川義元がいる場所を突き止める。
そして、正確な情報を自陣に伝えると言う「情報収集」ができなければ、桶狭間での織田家の勝利はなかったのです。
これが、分かっていた織田信長ですので、最大の手柄は簗田政綱だとしました。

もちろん、簗田政綱が自ら動いて、敵陣を調べたとは考えにくいです。
恐らくは、今川本陣にいた旧知の仲のような者がいて、場所を知らせてもらったりしたのでしょう。


戦争は情報収集して、敵がいま、どこにいるのか?、把握できないと、戦略も戦術も役に立ちません。
太平洋戦争のとき、日本海軍がミッドウェー海戦で負けた際にも、敵空母の位置がなかなかつかめず、逆に敵は日本よりも早く日本艦隊の位置を把握しました。
すなわち、早く敵を発見できたほうが、先手を打つことができた訳でして、日本は空母4隻と優秀なパイロットを失う事になりました。
その情報収集能力が、勝敗を分けたと言っても過言ではありません。

簗田政綱は、加増されて3000貫文となり、沓掛城(くつかけじょう)と、出羽守を与えられています。

その後、簗田出羽守政綱の動向はあまり知られていませんが、1570年年の浅井長政攻めでは、簗田広正と言う、子供と考えられる武将が、近江・小谷城からの撤退時に殿軍(しんがり)を務めています。
そのため、この頃までに梁田正綱は死去したか、隠居したものと推定されます。
ただし、このあたりもよくわかっておらず、柴田勝家のもと北陸方面で活躍した可能性もあり、1575年、加賀一向一揆を鎮圧すると簗田家は加賀・天神山城へ移ったようで、沓掛城には織田信照、そのあと川口宗勝が入っています。

なお、その後、加賀一向一揆の再び盛り返すと、大聖寺城へ退却を余儀なくされたため、簗田政綱は安土城に呼び出されて、蟄居になったともされています。
この場合、簗田政綱が死去したのは、1579年7月20日ともされます。


いずれにせよ、歴史上の話では、ほとんどすべてにおいて、諸説ありますので、念のため、明記させて頂きます。

桶狭間の戦いとは 桶狭間古戦場跡 桶狭間合戦を解説
服部一忠(服部小平太)~桶狭間にて今川義元に一番槍をつけるも豊臣秀次事件に連座した運命
毛利新助(毛利良勝)と毛利長秀(毛利秀頼)とは 織田家の毛利さん
佐久間盛重(佐久間大学)とは 織田信勝の家老
今川義元は領国経営に優れた優秀な戦国大名だった
清洲城 織田信長の居城ここにあり・清須城
織田信長と言う人物に迫る
簗田広正 織田信長のもとで活躍した織田家の武将

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る