足利義栄とは 知られざる室町幕府14代将軍

足利義栄




足利義栄(あしかが-よしひで)は、室町幕府の将軍を8ヶ月間務めた戦国時代の武将です。
父は足利義冬(足利義維)で、母・大内義興の娘との間に、1538年に平島館にて生まれました。
父・足利義維(あしかが-よしつな)は、室町幕府第11代将軍・足利義澄の次男です。
10代将軍・足利義種が細川高国と対立し、阿波の撫養城(鳴門市)に移ると、足利義冬を養子に迎え、1523年に客死しました。
そのため、足利義冬(足利義維)は、阿波守護・細川之持の世話を受けることになります。
阿波・阿波公方館(平島館)にて3000貫の領地を細川家より得ていましたが、1555年4月からは大内義長を頼っていたようです。
しかし、1563年頃、三好長逸らによって、将軍家の血筋である足利義冬(足利義維)と子の足利義栄は、阿波に戻ったようです。


そして、1565年、京に戻っていた13代将軍・足利義輝が、松永久秀と三好三人衆(三好長逸・三好政康岩成友通)から襲撃を受けて、暗殺されます。(永禄の変)
こうして、次期将軍争いとなり、足利義維・足利義栄(足利義親)の親子が将軍候補となりました。
この時、父・足利義冬(足利義維)は中風(ちゅうぶ)を患っていたため、代わりに足利義栄(足利義親)が要請を受けます。
しかし、朝廷への献金が不足して、当初は征夷大将軍になかかな就けませんでしたが、摂津・富田の普門寺にて山科言継の使いを受けて、1568年2月に室町幕府第14代将軍に就任し、父が後見しました。
足利義栄の正室は、結城氏の娘とあります。
ただし、京都は三好三人衆(三好長逸・三好宗渭・岩成友通)、松永久秀が支配していて入れず、普門寺城から、一度も京には上洛できなかった将軍と言う事になります。

一方で、足利義輝の弟・足利義昭は、正統な血筋による将軍家を再興するため、越前・一乗谷城を訪れた足利義昭は、明智光秀の仲介を受けて尾張の織田信長を頼ります。
そして、1568年9月、足利義昭を擁立した織田信長は、上洛の軍勢を発し、三好三人衆の勢力を京都から駆逐しました。
そのおり、普門寺城から阿波に逃れるも、背中に腫物を患っていた14代将軍・足利義栄は9月30日に死去しました。
享年は29ともされます。
その後、松永久秀が織田信長に臣従し、足利義昭が第15代将軍に就任しています。


父・足利義冬(足利義維)も、1573年に死去しました。享年65。
阿波・平島館は、弟・足利義助が継ぎました。

松永久秀 乱世の梟雄・稀代の謀略家 初めて爆死した日本人?
三好長慶~戦国時代最初の天下人は戦と和睦の連続だった?
細川晴元~名門・細川吉兆家の血筋ゆえに覇権争いの波乱万丈の生涯
篠原長房~文武に優れ三好家を支えた高名な武将
三好実休(三好義賢)~日本で初めて鉄砲で撃たれて討死した大将?
岩成友通の解説 三好三人衆の一人で謎多き武将の生涯とは?
摂津晴門の解説 室町幕府の政所執事として将軍権力回復に尽力
足利義昭とは 信長包囲網など外交手腕に優れた最後の室町幕府将軍

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る