村松殿~姉として常に弟を気遣った真田家の女性 (於国)【真田丸では松】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

村松殿(むらまつどの) は、1565年に甲府(躑躅ケ崎)で生まれた。名は於国。

父は武田信玄の家臣・真田昌幸で、母は正室・山手殿とされる。

弟に真田信幸(真田信之)・真田信繁(真田幸村)らがいる。

村松殿は、1582年頃、小山田信茂の一門と考えられる、小山田有誠(小山田弾正有誠)の子である小山田茂誠に嫁ぎ、小山田之知(小山田主膳)を産んでいる。
ただし、真田昌幸が織田信長に臣従した際に、安土城へ送られたと考える「御娘子」が、村松殿であるのかはわからない。

その後、夫・小山田茂誠は真田信之の家老となり、小県郡村松(現在の青木村)を領地として与えられた為、村松殿と呼ばれた。

小山田茂誠の家系は、代々、松代藩の次席家老として繁栄している。

 スポンサーリンク


村松殿は長姉として、真田信之や真田幸村からも慕われていたようで、大坂冬の陣で和睦した後となる1615年1月24日、真田幸村は大坂城内の近況報告と村松殿を気遣った手紙を、徳川勢として出陣していた小山田茂誠の子・小山田之知に託している。

 さてさて今度、思わぬことから合戦となり、わたしたち(真田幸村・真田大助と一族郎党)もこちら(大坂城)へまいりました。おかしなことと思われたことでしょう。しかし、まだ死なずに済んでいます。お目にかかって申し上げたいとところです。あすはどうなるかわからない情況ですが、いまは何事もありません。主膳殿(村松殿の長男・小山田之知)にも時々おあいしますが、こちらが忙しく、ゆっくりとお話もできません。こちらはかわったこともありませんので、ご安心ください。くわしく書きたいのですが、この者が急いでいますので、あわてて書きました。またお手紙をさし上げます。かしく

 正月廿四日 さへもんのすけ  むらまつへ

小山田茂誠は返礼として鮭2匹を真田幸村に送っており、真田幸村は礼状を2月8日付で出した手紙なども現存する。

1630年6月30日に死去。66歳。
法名は宝寿院殿残窓庭夢大姉。松代の長国寺に葬られている。

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」では、女優・木村佳乃さんが演じている。

真田丸のあらすじと今後の展開【NHK大河ドラマ2016】
村松殿の夫・小山田茂誠【小山田重誠】とは
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
岩殿城山~小山田信茂の難攻不落の山城
小山田記~実録・小山田氏の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】
安土城~それは織田信長が天下に示した最新のアトラクションだった
真田家墓所がある松代「長国寺」のみどころ~真田信之の霊屋など
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 2月 16日
    トラックバック:村松殿 真田家の娘
  2. 2015年 12月 22日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。  武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る