スポンサーリンク
スポンサーリンク

駿河の深沢城(ふかさわじょう)は、今川氏親が相模との国境警備と、足柄街道の抑えとして深沢城を築城したとありますが、それ以前から小規模な城があったものと推定されています。

深沢城の歴史と共に、深沢城の見どころなどをご紹介してみたいと思います。

1568年12月6日に、武田信玄は甲相駿三国同盟を破棄して、今川義元のあと衰退した今川家の駿河へ12000にて侵攻します。
今川氏真掛川城に逃亡すると武田信玄は、12月13日に今川家の本拠地「駿府」を占領し、久能山城を築城開始すると板垣信安を配置しました。

 スポンサーリンク


この時、北条氏康の娘・早川殿は、徒歩で掛川城へ逃げることとなり、武田信玄の扱いに怒った北条氏康は、今川氏真との同盟を維持。
北条氏政が援軍として、12月12日に駿河へ出陣し、伊豆の三島まで兵を勧め、駿東の拠点を押さえます。

同時期に、武田家と話を合わせていた岡崎城主・徳川家康も、井伊谷城・白須賀城・曳間城(浜松城)を攻略して、12月27日に掛川城を包囲しました。

1569年1月26日、北条氏政らが薩埵峠(さったとうげ)に布陣したため、武田勢は興津にて対峙し、3月13日に薩埵峠で小競り合いもしますが決着はついていません。

一方で、穴山信君が、今川家臣の富士兵部少輔(富士信忠)が守る大宮城を攻撃しますが、北条家の援軍もあり落とせず、武田信玄は甲府への帰路を確保するべく横山城を改修して、久能山城の築城を開始し、のちに久能山城が完成すると穴山信君(穴山梅雪)が移っています。
4月28日、横山城と江尻城に兵を残し、穴山信君に任せると、武田信玄は興津から甲府に撤退しました。

そして、武田信玄は織田信長を通じて将軍・足利義昭の仲介による、越後の上杉謙信と同盟を試みていますが、武田勢が撤退したあと、手切れとなっていた徳川家康に駿府まで侵攻されてしまいました。
北条家は今川支配下であった興国寺城葛山城などを手に入れ、掛川城にいた今川氏真を小田原城にて保護すると、6月9日には北条氏政と上杉輝虎(上杉謙信)が越相同盟を結んでいます。

以上が、第一次駿河侵攻で武田信玄は、今川家を滅亡させましたが駿河の支配を確立できませんでした。

深沢城の二の丸脇
※深沢城の二の丸(写真はクリックすると拡大します)

第二次駿河侵攻

北条氏政(北條氏政)は深沢城の築城を開始すると、北条綱成と松田憲秀に守らせますが、再び武田信玄は駿河に入ると、1569年6月12日に深沢城を攻撃しました。
この時、深沢城は落ちなかったため、武田信玄は矛先を変えて、大宮城(富士市)を7月に攻略するに留まります。
大宮城主には原昌胤が任命されており、富士郡支配は原昌胤や市川昌房が務めました。

深沢城周辺から望む富士山

北条家の戦力が駿河に集中しては、武田の駿河侵攻は難しいと考えた武田信玄は、甲府に戻ると8月24日に2万の軍勢で出陣し、今度は、北とへ進軍します。
そして、碓氷峠を越えて、北関東に侵攻すると、南下し、松山城滝山城と北条勢の関東拠点を攻撃しつつ、10月1日には小田原城を包囲しました。
そして、4日後の10月5日に小田原城下に火を放ち、軍勢を引き上げると、10月8日に三増峠の戦いと言う激戦になっています。

この間、将軍・足利義昭から武田と和睦せよとの命を受けた上杉謙信は、同盟を結んだ北条家から再三の武田領内への侵攻要請を断り延期するなどしたため、2年後に北条家が上杉家と手を切って武田家と再同盟する遠因となっています。

深沢城の堀
深沢城の堀

第三次駿河侵攻

こうして北条氏政を抑えた武田信玄は、甲府に戻ると、またすぐの1569年11月に駿河に再び侵攻し、横山城、蒲原城などを落として駿府を再占領。
不利になった北条家は、普段は課役しない寺社領にまで人足を出させて、深沢城の普請などを行っています。

そんな中、武田信玄は1570年1月には駿河西部に進出し、花沢城と徳之一色城(田中城)を落として、駿河を完全に支配下に置いたのでした。
田中城には山県昌景が入り、改修していますが、徳川家康は本拠を移して浜松城の築城を開始しました。

なお、この間、深沢城も一旦武田勢が攻略し、駒井昌直(駒井政直、駒井右京之進昌直)が入り、足柄城河村城・大仏城山・湯ノ沢城・中川城も落城したと伝えられています。
しかし、1570年4月に北条氏康・北条氏政は38000にて深沢城を奪還したと推測されるため、足柄城や河村城、中川城なども奪還したのでしょう。

1570年8月になると、伊豆の韮山城にまで武田勢は侵入し、12月には再び深沢城を攻撃したため、北条家は世田谷城主の吉良家の家臣。江戸氏らに出陣を命じています。
北条氏政の自ら援軍として深沢城の後詰をするため、1571年1月10日に出陣しますが、深沢城は残り「一曲輪」(本丸のみか?)となり、1月16日に北条綱成は降伏開城して、足柄城へ撤退します。
この時、武田勢は金堀衆(かなほり)を動員して、深沢城の本城外張(ほんじょうとばり)まで、掘り崩した模様で、のちに金山衆は各種税の免除が特権として与えられています。

なお、深沢城を失った北条家は相模防衛の最終ラインとして、足柄城と河村城の改修を行っています。

北側から望む深沢城
※光が差し込んでしまっていますが、北側から見た深沢城

武田信玄は深沢城を修復し、駒井昌直(駒井政直)を深沢城主とすると、足柄城の偵察などを命じられています。

1571年10月3日に北条氏康が死去した際「上杉謙信との同盟を破棄して、武田信玄と同盟を結ぶように」と遺言を残したとされ、12月27日、北条氏政は武田信玄と同盟しました。

その後、深沢城には駒井昌直(駒井政直)の他、駒井宮内大輔、内山城主・小山田虎満の子である小山田大学助も在城したことが伺えます。

1573年、三方ヶ原の戦いで勝利した武田信玄も病にて没し、1575年には武田勝頼長篠の戦いで敗れ、1578年には、越後の御館の乱にて、甲相同盟は再び崩壊します。

そして、1579年8月、武田勝頼三枚橋城(沼津城)を築城し、小笠原信嶺、高坂源五郎(春日昌元)、曽根昌長、堀内政豊らを配置すると、再び最前線の深沢城にも緊張が走ります。

特に、1581年10月には、北条家の伊豆・戸倉城主である笠原政堯(更科六兵衛のモデル)が、武田家に寝返っています。

しかし、1582年に2月に武田滅亡となると、深沢城の将兵は逃亡し、その後、深沢城は駿河を制した徳川家の支配下となったようで、1584年の深沢城主は、徳川家の譜第の家臣・三宅康貞と見受けられます。

1590年、豊臣秀吉小田原攻めにて、箱根山中城や足柄城が陥落すると、深沢城は役目を終え破却されました。

深沢城

深沢城は宮沢川と抜川の合流地点の丘上に築かれており、3方は天然の堀となっています。
下記は深沢城への入口付近にある三日月掘りです。
ただし、繁みに覆われていますので、写真ですとなおさら良くわかりません。

深沢城の三日月堀

三日月堀は武田特有の堀ですので、武田家が占領した際に、造営したのでしょう。
農道のような道を進みますと、三の丸の右手に馬出しが見えてきます。

深沢城の馬出し

その馬出しの奥部には歌碑もあるようです。
平城ですので、特別な登山装備などは不要です。

深沢城の歌碑

下記は下馬溜ですので、馬小屋でもあったのでしょう。

深沢城の下馬溜

更に進みますと、両側が堀となっており、二の丸への分岐に差し掛かります。

深沢城の二の丸分岐

分岐はどちらの道を進んでも本丸に通じていますので、行きと帰りで違う道を通ってみました。

深沢城の堀切

二の丸脇には食糧庫があったようですので、城での生活の場は二の丸だったのでしょう。

深沢城の食糧庫跡

下記は二の丸から本丸に通じる土橋ですが、軽トラが通行できるようにしたのか、土橋にしては幅が広いです。

深沢城の土橋

本丸に到着しました。
本丸跡からは、発掘調査にてほとんど遺物が出なかったことから、遺物が出た二の丸が本丸機能だったのでは?という説もあるようですが、地形と土橋・その周りの堀切から見て、本丸はやはり東の先端のこの台地でしょう。

深沢城の本丸入口

本丸も結構広いですが、私有地ですので水田が広がっています。
本丸は、戦闘時に籠る場所であり、普段の生活は二の丸であったすれば、二の丸から遺物が多く出るのも理由がつきます。

深沢城の本丸

櫓も置かれていたのでしょうか?

深沢城の櫓跡

本丸からも富士山を望めました。

深沢城の本丸から望む富士山

もともと、葛山氏の庶流と推測される深沢氏城館があった場所が、深沢城だとする説もありますが「館」であれば、場所は別の所だったのではと感じます。
と言うのも、北条家書状を見ますと、深沢城の事を「深沢新地」と書いていますので、明らかに新城として駿河・深沢城を築城したと推定できます。

深沢城の郭

あと、道路に戻って、三の丸の西側へ入ると、見事に現存している三日月堀があります。
下記です。

深沢城の三日月堀

と言う事で、深沢城は、北条家と武田家の築城術が垣間見えて、なかなか面白いです。
しかも、西側に三日月堀を設けていますので、谷となっている川を越えるのではなく、やはり西側から攻められるのが、正攻法と言えます。
見学所要時間は約40分、下記の縄張り図を見ながら歩くとわかりやすいです。

深沢城の縄張図

深沢城へのアクセス・行き方

深沢城も街道の抑えですので、足柄街道の近くにあります。
なお、深沢城の城域は私有地である為、駐車場やトイレはありません。
止めるとしたら、三日月堀があり、深沢城への入口となる下記の地図ポイント地点付近の路肩に1~2台程度しかありません。
駐車禁止ではないようなので、消防車の通行の妨げとならないようになど、住民の方に迷惑を掛けないよう配慮して止めたいところです。
また、深沢城内には水田もあり、訪問した際には農家の方にお会いしたので、大きな声で挨拶し「ありがとうございます」と御礼も申し上げました。
下記地図の下部には、移築されたと言う深沢城の「門」を引き続きご紹介致します。

深沢城の「門」とされるものが、付近に寺院2箇所に、移築されていますので、合わせて訪問してみました。

大雲院の山門

大雲院の山門は、関東大震災で倒壊し、のちの昭和23年に復元再建されたとの事ですが、深沢城の大手門を移築したものです。

深沢城の大手門

大雲院の無料駐車場は下記の地図ポイント地点の場所となります。

十輪寺の山門

十輪寺の山門は、深沢城搦手門であったとの伝承があります。

十輪寺の山門(伝・深沢城搦手門)

十輪寺は、ちょっと離れた場所となります。
下記の地図ポイント地点の道路から一本中に入ったところに、車を止めれるスペースがあります。

足柄城の本丸から望む富士山【足柄城訪問記】
河村城の畝堀(障子堀)~河村城の訪問記
長久保城の歴史~今川家・北条家・武田家が奪い合った最前線
葛山城と北条氏や武田氏にも深くかかわった葛山氏一族の栄華
北条氏康と瑞渓院とは~文武両道な猛将も家中や庶民を大切にした戦国大名
早川殿とは~北条家から今川家に嫁いだ北条氏康の長女の運命
興国寺城~巨大な堀切と高い土塁に囲まれたココから戦国時代が幕を開けた
小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】
伊豆・戸倉城~伊豆と駿河の国境にある戸倉城こそが更科六兵衛の居城だったか?
武田信玄と武田家ゆかりの城・寺院・合戦場・隠し湯など一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…
  2. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  3.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…

人気の戦国武将

  1.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る