大坂落城を生き抜いた豊臣家の侍女「おきく」の決死行

おきく

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大坂夏の陣と言えば、真田幸村後藤又兵衛の奮戦、豊臣滅亡の悲劇と見どころが満載の戦です。
一方、その様子を黒田長政が描き残させた『大坂夏の陣図屏風』には落城後に無差別な乱暴狼藉が行われ、女性などの弱者が蹂躙される様子が描かれており、当時の激烈な状況を今に残しています。

しかし、すべての非戦闘員が略奪や殺害の憂き目を見たかと言うと、それは否です。
戦国を生きた人々は、武士で無くとも乱戦を生き伸びる術を身に付けていました。その一人が、ここで紹介する豊臣家の侍女・おきくです。

おきくは慶長元年(1596年)、浅井長政に仕えた武士・山口茂左衛門の娘として生まれました。
彼女の祖父である山口茂介は1200石取りで浅井家に仕えており、貧乏だった頃の藤堂高虎の面倒を見たりと、重臣でなくとも生活には困らない家庭だったことがうかがえます。

 スポンサーリンク


このおきく一家は浅井家と非常に縁深く、茂左衛門は浅井が滅亡して浪人になった時、茂介に救われたことに報恩すべく立ち上がった高虎の招聘で300石取りの武士として再仕官が叶った経歴があります。
また、若き日の茂左衛門が仕えたのがおきくの主人でもある茶々(淀殿)であり、浅井の生き残りに浪人の父娘が仕えると言う数奇な運命を辿っているのです。

紆余曲折はあったものの、侍女として淀殿に仕える女達の一員として華やかな日々を過ごしたて20歳を迎えたおきくが、歴史の表舞台に登場する事件が起こりました。
元和元年(1615)5月7日、彼女は大坂城長局で下女に蕎麦焼(こねた蕎麦粉を焼いた軽食)を作るように申しつけていた際、異変を察知します。

それは城が所々焼けているとの報告で、落城を悟った彼女がとった行動は、まさしく生き延びて再起を図ることを前提としたものでした。
おきくは、豊臣秀頼から賜った鏡を懐にねじ込むと帷子と下帯を三つずつ身に着け、金の延べ棒も持って脱走したのです。

「女性は外に出てはいけません」と制止する声も振り切って城外に出たおきくは、常光院(浅井初)の一行に駆け込み、助けを求めます。
その道中で豊臣家の馬印である金瓢箪が落ちていると「御馬印を捨て置いては恥」として壊し、追い剥ぎ目的で現れた凶漢に金の延べ棒を与えて反対に手懐け、藤堂家の陣まで護衛して貰うなど、豪胆と機知を発揮しました。

こうしておきくは窮地を脱しましたが、徳川方の藤堂家ではなく旧主の娘でもある淀殿についた父の茂左衛門は、おきくから紅白の指物を受け取って喜ぶ一場面はあったものの、最終的には戦死を遂げました。

父の死と言う痛手を受けつつも、おきくは生き延びて備前岡山藩に仕える田中と言う医師の妻となり、83年の天寿を全うしました。
大坂の陣を女性の視点から書いた『おきく物語』は、彼女の孫である田中意徳が祖母の体験談を聞き書きしたものが、現代まで残されたものなのです。

(寄稿)太田

大阪夏の陣秘話~大阪城脱出を決意した淀殿の侍女・おきくの逃亡録
徳川家康は大坂夏の陣で後藤又兵衛に討ち取られた?南宗寺に残る伝承の謎
淀殿(淀の方、茶々)~豊臣家・我が子の為に生涯を全うした強き女性
真田幸村とは 【真田信繁の生涯】 詳細版~徳川家に徹底対抗する人生を全うした名将
お初~常高院-浅井初とは【浅井三姉妹】豊臣家と徳川家の橋渡し役
信長のシェフならぬ信長の料理番だった坪内某
藤堂高虎【詳細版】~主を7回も変えた猛将で水軍指揮も取れる築城名手
大阪城の訪問記と大阪の陣~豊臣家の史跡がある場所はココ
徳川家康の影武者~世良田二郎三郎元信
鹿児島に落ち延びた真田幸村と豊臣秀頼伝説を追ってイザ現地調査
川端道喜の献上餅物語~戦国時代に日本史を動かした京都の和菓子職人・渡辺五郎左衛門
大坂城めぐり~戦国時期の大阪城史跡訪問を楽しむ観光ガイド

共通カウント



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記に

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。NHKの2017…
  4.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  5. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。父は小谷城主・…

人気の戦国武将

  1.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る