お初~常高院-浅井初とは【浅井三姉妹】豊臣家と徳川家の橋渡し役


スポンサーリンク
スポンサーリンク

常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。
父は小谷城主・浅井長政で、母はお市の方(織田信長の妹)。

姉に茶々(淀殿)、妹にお江(崇源院)がおり「浅井3姉妹」と呼ばれる。

1573年、小谷城が織田信長に攻められて、父・浅井長政と祖父・浅井久政が自刃。
落城の最中、母・お市の方とお初ら三姉妹は、家臣の藤掛永勝によって織田家に届けられた。

その後、伯父・織田信包の下で保護されたとも、守山城主・織田信次に預けられたとも言われているが詳しい事は不明である。

 スポンサーリンク


1582年6月2日、明智光秀による本能寺の変にて、織田信長が討たれると、織田家後継者を決める清洲会議(清須会議)にて羽柴秀吉が実権を握る。
そのため、母・お市の方は柴田勝家と再婚して、越前・北ノ庄城へ移ったため、茶々・お初(13歳)・お江の3姉妹も北ノ庄城に入った。

浅井三姉妹の銅像

1583年、羽柴秀吉との賤ヶ岳の戦いで柴田勝家が敗走。
北ノ庄城が落城した際、柴田勝家とお市の方は共に自害したが、浅井三姉妹は城を脱出し遥の谷へ逃れた後、羽柴秀吉が迎えを出して保護した。

玉興記によると、三姉妹は一旦安土城に入ったとあるが、織田信雄が後見して養育したものと考えられる。
茶々・お江と同じく母・お市の方の美貌を受け継いでおり、細身で容姿端麗であったと言う。

1587年、羽柴秀吉の斡旋により、お初(18歳)は浅井家の主筋である京極家の当主であり従兄でもあった大溝城主・京極高次に嫁いだ。
京極高次の母・京極マリアは、浅井長政の姉であるので、京極高次は従兄となる。
3姉妹の中で一番早い結婚でもあったが、羽柴秀吉の養女として嫁いだとする説もある。

1590年、京極高次は近江・八幡に28000石となり八幡山城主になった。
京極高次の姉・京極竜子が、豊臣秀吉の側室になったこともあり、京極高次は一族の七光りという意味も含まれて「蛍大名」と揶揄された。

1593年、姉の淀殿が拾(豊臣秀頼)を出産しているが、お初は子供ができなかった。

1595年、お初が26歳の時、京極高次は近江・大津6万石に移封となり大津城主となった。
また、この年、末妹のお江が、豊臣秀吉の命にて徳川秀忠に再嫁している。

1598年、豊臣秀吉が没した。

1600年、石田三成関ヶ原の戦いでは、京極高次は当初、石田三成に協力すると見せたが、大津城に3000で籠城すると徳川家康に味方した。
そのため、西軍は毛利元康、立花宗茂小早川秀包、筑紫広門ら15000を派遣して、9月7日から大津城の戦いとなる。

のち北政所が派遣した孝蔵主、淀殿が送った饗庭局毛利輝元高野山からの使者・木食応其らの説得に応じ、京極高次は9月15日に降伏して大津城を開城した。
しかし、この日、関ヶ原の本戦となり、西軍は敗退することに。
九州屈指の名将・立花宗茂の猛攻を食い止めたことを、徳川家康から称されて、京極高次は若狭一国(若狭小浜85000石)を与えられた。


1609年、夫・京極高次が死去すると、お初は剃髪・出家して常高院と号した。
この頃から甥・豊臣秀頼と徳川家康の対立が起こり、常高院は豊臣側の使者として仲介に奔走する。

1614年、大坂冬の陣の際に、常高院は大坂城に入って織田有楽斎と共に和睦を模索、常高院は徳川勢の阿茶局と交渉して和議に尽力した。

1615年、大坂夏の陣にて豊臣家が滅亡すると豊臣秀頼の娘・天秀尼の助命を、徳川家康に嘆願したと言われている。

その後は、妹・お江とも良く会っており、お江が亡くなる直前にも、常高院は江戸城にて再会し対談したという。

1633年8月27日、京極忠高の江戸屋敷にて死去した。享年64。
墓所は若狭(福井県小浜市)の常高寺。

三姉妹の中で最も長生きしたが、晩年は継子・京極忠高とその正室で江の四女・初姫の不仲に悩まされるなど、苦悩が絶えなかったようである。

大津城の戦い~京極高次と京極竜子~武田元明や京極高知との関係も
北ノ庄城(北の庄城)~北陸支配の柴田勝家とお市の方の居城
茶々・淀殿に関してはこちら
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将
小谷城の訪問記と小谷城の戦い~浅井家の滅亡・浅井御殿も
お江、小督、お江与の方(崇源院)~浅井三姉妹・徳川秀忠の正室
大阪夏の陣秘話~大阪城脱出を決意した淀殿の侍女・おきくの逃亡録
八幡山城の登城記~八幡山城わずか10年の歴史も現代に残る風情豊かな城下町
安土城~それは織田信長が天下に示した最新のアトラクションだった

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  3. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  4. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  5.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…

人気の戦国武将

  1. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。ま…
  2. 実際の山本勘助武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。武田氏の…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  4. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。大坂冬の陣に参加して欲し…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る