長野左京亮と柘植三郎左衛門(柘植保重)の伊賀・伊勢での行い

長野左京亮

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北畠家の家臣であった長野左京亮と柘植三郎三右衛門(柘植保重)に関して、分かっていることをできる限り記述しておこうと存じます。

長野左京亮

長野左京亮は、長野左京進ともある、1544年生まれの北畠家の侍大将でした。
曾我兄弟に殺害された工藤祐経の系統である、長野工藤氏の庶流と考えられます。

小倭山田野城主でしたが、永禄12年に織田信長が伊勢に侵攻すると、北畠家の本拠地・大河内城にて籠城して、日置大膳亮や家木之清と多数を討ち取り功名を立てます。
北畠具教と織田信長が和睦すると、織田信雄の家臣に組み込まれました。

天正4年(1576年)11月25日、織田信雄(北畠信雄)の命を受けて、長野左京亮は、藤方朝成(藤方刑部少輔)の家臣・加留左京進、滝川雄利(滝川三郎兵衛)・柘植保重(柘植三郎左衛門)・奥山常陸介らとともに、北畠具教が隠居していた三瀬館を訪れ、旧主・北畠具教を槍で討ち取っています。(三瀬の変)
長野具藤も田丸城で北畠一族もろとも殺害されました。

1584年、豊臣秀吉と織田信雄の戸木の戦いでは、はじめ木造具政・木造長政に味方しますが、途中で羽柴家(豊臣家)に寝返りました。
しかし、長野左京亮は同じ長野工藤氏の一族である小倭領の家所氏により、1584年、津往還にて討たれたとされます。

柘植三郎左衛門(柘植保重)

柘植三郎左衛門は、柘植保重(つげ-やすしげ)と言う名で一般的に知られる戦国武将です。

諸説ありますが、伊賀の土豪・福地宗隆の子で、滝川雄利の姉の夫、または滝川雄利の実父との説もあります。

柘植保重は、北畠具教の実弟である木造具政の家臣でしたが、織田信長が伊勢攻めを行うと、主君・木造具政に対して織田家に寝返るよう説得しました。
こうして、滝川雄利らと共に織田家に降伏しましたが、北畠家に人質に出していた柘植保重の妻子は処刑されています。

永禄12年(1569年)、5万の織田税が北畠領に侵攻すると、柘植保重は北畠具房(北畠具教の子)の居城である大河内城の攻撃に加わりました。
北畠具房が織田信長の次男・茶筅丸(織田信雄)を、北畠家へ養子に入れると、柘植保重は織田信雄の家老となっています。

天正4年(1576年)、三瀬の変の際に、柘植保重は長野左京亮、藤方朝藤の家臣・加留左京らと共に、北畠具教とまだ3歳の徳松丸、1歳の亀松丸らを討ち取るべく三瀬御所にて殺害しています。(諸説あり)
天正7年(1579年)、主君・織田信雄(北畠中将信雄)に従って日置大膳亮らと伊賀に攻めました。(第一次天正伊賀の乱)
しかし、伊賀勢のゲリラ戦法によって不利となり、退却する際、9月17日、柘植保重は伊賀の植田光次に討たれています。

下山甲斐とは~伊賀66人衆の筆頭格で伊賀忍者を裏切る頭領
石川五右衛門~戦国時代のヒーローで釜ゆでの刑となった稀代の大泥棒とは?
日置大膳とは~松ヶ島細首城主だった日置大膳亮
百地三太夫~伊賀忍術の祖と百地丹波・藤林長門守
北畠具教と雪姫~信長に乗っ取られた伊勢国司の末路
織田信雄~織田信長の次男のその生涯
伊賀上野城の伊賀流忍者博物館と忍者屋敷の仕掛けや忍者ショー
映画「忍びの国」出演者・キャスト一覧情報

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記に

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  4. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  5. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。157…

人気の戦国武将

  1. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  2. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  3. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  4. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  5. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。海を活用…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る