日置大膳とは~松ヶ島細首城主だった日置大膳亮

日置大膳亮


日置大膳(へき-だいぜん)は、北畠具教の家臣で松ヶ島細首城主ですが、生没年などは不詳です。
寺社奉行を務めていたようで、兄・高松左兵衛督は大河内城の旗頭でした。

1569年(永禄12年)に織田信長が伊勢を攻めた際、日置大膳亮(ひおきだいぜんのじょ)は居城である細頸城(松ヶ島細首城)を焼き払って、大河内城で籠城した北畠具教に合流し、家城之清(家城主水)、長野左京亮らと織田勢に対しました。

籠城戦では池田信輝ら、織田勢と戦いましたが、日置大膳亮は、池田恒興丹羽長秀稲葉良通らの夜襲を撃退するなど、劣勢な北畠家の中でも奮戦したようです。
北畠具教が織田勢に屈したあとは、織田信雄の家臣となって活躍しました。



1572年、北畠家が誅殺された際、田丸城にて日置大膳亮は土方雄久・森雄秀・津田一安・足助十兵衛尉・立木久内らと、北畠一族の長野具藤・北畠親成・坂内具義・坂内千松丸・波瀬具祐・岩内光安などの惨殺に関与しました。

その後、北畠一族をかばおうとしたことが露見した津田一安の斬首では、織田信長の命を受けた日置大膳亮が首をはねたとあります。

生き残りの北畠具親が、家城之清などの旧臣らと再起を図った際にも、日置大膳亮と日置次太夫の兄弟らは、鳥屋尾右近将監の富永城を攻略するなどし反乱軍を2回も破りました。

1579年、第一次天正伊賀の乱では織田信雄の軍勢に、柘植保重らとともに日置大膳亮も加わり、伊賀に侵攻しますが、松ヶ島城が陥落します。
その後は、尾張に落ちると、弓の達人でもあった日置大膳亮は徳川家康より頼まれて、徳川家に仕えたようですが、まもなく亡くなったようです。

2017年の公開映画「忍びの国」では、日置大膳を俳優・伊勢谷友介さんが演じられます。

北畠具教と雪姫~信長に乗っ取られた伊勢国司の末路
下山甲斐とは~伊賀66人衆の筆頭格で伊賀忍者を裏切る頭領
長野左京亮と柘植三郎左衛門(柘植保重)の伊賀・伊勢での行い
映画「忍びの国」出演者・キャスト一覧情報
織田信長と言う人物に迫る
織田信雄~織田信長の次男のその生涯
滝川一益~織田四天王の名将も本能寺の変のあとは・・
百地三太夫~伊賀忍術の祖と百地丹波・藤林長門守

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  2. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  3. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  4. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る