影武者~武田信玄の影武者は何人いたのか?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 そもそも、武田信玄の影武者が本当にいたのか?
 色々と議論はありますが、武田信玄を調べますと、調べるほど「非常に慎重」な武将であることがわかります。
 そのため、個人的には、影武者は少なからず「いた」と私は考えております。

 武田信玄の影武者を務めた人物として有名なのは、武田信玄の弟・武田信廉(武田逍遙軒信綱、武田信綱)です。
 兄弟ですので、顔は似ていて当たり前ですよね。
 影武者には最適でして、他国の使者が来た時などにも、武田信玄と偽って対応して可能性が有ります。

 上杉謙信との川中島の戦いで討死した、武田信玄の次弟・武田信繁も影武者を演じる事があったとされており、戦場では複数人もの影武者が武田信玄になっていたと言われます。

 実際に、武田信玄が駒場で亡くなった西上作戦の際には、武田信玄が健在であることをアピールするため、武田信廉が影武者となって、武田勢は甲斐へ戻ったとされています。

 この時の野田城攻めでは、徳川勢が鉄砲で武田信玄を狙撃したと言う伝承もあります。
 この武将も影武者であった可能性も無きにしもあらずです。

 スポンサーリンク


 このような状況を考えますと、行軍中や戦場では、少なくとも3名の影武者が武田信玄になっていたのではと推測致します。

 そして、武田勝頼が遺言通り武田信玄の死を隠した際には、小田原城主・北条氏政が派遣した、板部岡江雪斎の応対を、武田信廉が信玄の代わりとなって応対し、欺いたとされています。
 相模に戻った板部岡江雪斎は「信玄は生きている」と報告したのは有名な話ですね。

 なお、武田信玄の死後、長篠の戦いにおいては、それまで影武者も務めたとされる武田信廉は、武田勝頼と不和になって、穴山信君らと早々に戦場離脱しています。

 他の戦国大名で影武者がいたのは筒井順昭などですが、徳川家康にも影武者・世良田二郎三郎元信がいたとされています。
 山内一豊は、常に6人もの山内一豊がいたと言うので驚きですね。
 真田幸隆の真田家にも、代々伝わる影武者戦法があります。

 →武田信玄についてはこちら
 →高野山・奥の院にある武田信玄・武田勝頼の供養碑

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称は杉目御前、笑窪御…

人気の戦国武将

  1. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  3. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る