天下分け目の山崎の戦いと勝竜寺城~明智光秀は遠慮して負けたか?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

1582年6月2日の本能寺の変織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦慮しているうちに、羽柴秀吉が中国大返しで、京に迫ってくると言う情報6月10日に届きます。
明智光秀はただちに、急いで淀城勝竜寺城の修復を開始させ、男山に布陣していた兵を撤収させました。

羽柴秀吉勢は6月11日には尼崎城に入り、12日には現在の高槻市あたりで、山崎で戦う事を想定した軍議を開いています。
この時、羽柴秀吉は総大将に丹羽長秀織田信孝を推しますが、両者から望まれて羽柴秀吉が事実上の盟主となり、名目上の総大将は織田信孝と決定しました。

羽柴勢は羽柴秀吉を筆頭に黒田官兵衛石田三成蜂須賀正勝堀秀政・中村一氏・堀尾吉晴・羽柴秀長・神子田正治・蜂屋頼隆ら約20000、そして合流した織田信孝、丹羽長秀、高山右近、木村重茲、中川清秀池田恒興・池田元助、加藤光泰ら約7000の合計27000。(40000説もあり)

迎え撃つ明智勢は斎藤利三・柴田勝定が2000、阿閉貞征・溝尾茂朝(明智茂朝)が3000、松田政近・並河易家が2000、伊勢貞興・諏訪盛直・御牧兼顕が2000、津田正時が2000、明智光秀・藤田行政など5000の合計16000とされています。

 スポンサーリンク


大山崎での合戦を避けた?

京都・山崎は、天王山と淀川にはさまれて、狭まった土地でもあり、そのため交通の要所で古くから大山崎の街が発展していました。
そのため、明智光秀は町衆を味方につける・安心させるため、本能寺の変の翌日には、街を保護する為、明智軍に「禁制」(きんぜい)を出して、大山崎での略奪や破壊行為を禁止しています。
もちろん、大山崎だけでなく、主だった街には禁制を出していたことでしょう。

戦術的には、この川と山、そして沼地・湿地に挟まれて、幅が200mほどしかない「大山崎」に明智勢が布陣して、羽柴勢を迎え撃てば、大軍と言えども羽柴勢の先頭は、幅200mと限られた人数での戦いを強いられるため、大軍の利を生かせません。
このように兵力に劣る明智光秀にとっては、大山崎で合戦をするのがベストだったのですが「禁制」を重んじたようで、結果的に遠慮して円明寺川(小泉川)の東に布陣しました。
わかりやすく申し上げますと、明智勢は現在の大山崎JCTの東側に布陣したのです。
この判断は、武士に二言はないと申しましょうか?、明智光秀らしく約束事を守ったと言う事ですが、合戦は勝たなくては意味がありませんので、戦略的に地の利を活かせなかったと言う事になります。

これに対して、羽柴勢は前夜のうちに中川清秀と高山右近らが山崎集落を占拠し最前線に布陣します。
そして、右翼には池田恒興ら、左翼になる旧西国街道沿いには、黒田官兵衛、羽柴秀長、神子田正治らが布陣しました。
要するに、羽柴勢は狭い山崎を抜けた辺りに布陣でき、大軍の利点を生かせる状態となったのです。

この旧西国街道は、天王山の麓と言うよりは、ちょっと丘の上にある街道ですので、展望も効きます。

そして、羽柴秀吉は後方の宝積寺に本陣を置きました。
6月13日の昼頃には配置も完了したようです。

下記は羽柴秀吉(豊臣秀吉)が腰掛けたとされるの出生石です。

天下分け目となったこの山崎の戦い(山崎合戦)で、明智光秀が本陣を置いたの御坊塚と文献に残っています。
しかし、この御坊塚が実際にどこだった?のかは諸説あり、ちょっと前までは小高い丘となる、堺野古墳群のなかの境野1号墳(標高25m)と推定されていました。

現在はサントリー京都ビール工場となっておりますが、南東の下上野団地集会所の西側に下記のような説明版もあります。

場所は下記の地図ポイント地点となります。
地図は縮尺を変えてご覧願います。

なお、最近の研究ではもう少し後方にある恵解山古墳が明智光秀の本陣だったと考える場合が多いです。

恵解山古墳は下記の地図ポイント地点が入口の1つとなりますが、残念ながら駐車場はありません。

恵解山(いげのやま)古墳は、西暦400年頃の古墳時代中期に造営された前方後円墳で、全長128m、後円部の直径約78.6m、前方部の幅約78.6mと京都盆地西部では最大規模の古墳です。
また、浅いとは言え、古墳の周囲には幅約25mの周濠があった事もわかっており、比高は約8mです。

御坊塚の明智光秀本陣の前面には、斎藤利三と阿閉貞征(阿閉貞秀)が布陣したと言いますので、その場合、斎藤利三は境野1号墳に陣を張ったとも考えられます。
恵解山古墳は、1980年に墳丘上を造成していたところ大刀や剣、その後の発掘調査で700点以上の鉄刀、鉄鏃などが多数発見されました。

恵解山古墳は国の史跡となっており、長岡京市によって2014年秋に復元工事が完成し、埴輪(はにわ)が並べられるなど貴重な史跡となっています。

山崎の合戦は6月13日の夕方16:00頃、雨が降りしきる中、戦いが始まりました。
下記は恵解山古墳から大山崎方面の展望となります。

天王山の山裾を横切って高山右近の横に陣取ろうと移動していた中川清秀に対して、斎藤利三の右側にいた伊勢貞興が襲い掛かり、斎藤利三も攻撃に加わる形で開戦したとされます。

中川清秀と高山右近は窮地に陥りますが、堀秀政が後詰として到着。
そして、黒田官兵衛・丹羽秀長・神子田正治から前方へと進軍し、天王山中腹を進撃してきた松田政近・並河易家らと交戦状態となりました。
最初は一進一退の攻防となりますが、約1時間後、淀川沿いを北上した池田恒興・池田元助の父子と加藤光泰らが、密かに円明寺川を渡河して津田信春を奇襲します。
津田信春の部隊は壊滅して残兵が逃げ出すと、丹羽長秀・織田信孝も右翼から一斉に押し出して、明智光秀本隊の側面を突きました。
これを受けて中川清秀・高山右近も斎藤歳三・伊勢貞興を押し返し、明智勢は総崩れとなります。
御牧兼顕(御牧景重とも)は、防戦する間に退却をと明智光秀に使者を送ると、羽柴勢に突っ込んで討死。
そのお蔭もあり、明智光秀は後方の勝竜寺城に退却しますが、主力の斎藤利三は戦線離脱し、松田政近、伊勢貞興らは殿(しんがり)を引き受けて討死しました。

この戦いで戦死者は、双方等も約3000と言われており、死者数においては互角ですので、羽柴勢としてもそれなりの被害を受けてます。
また、雨天や日没と言う事もあり、羽柴勢も積極的な追撃ができませんでした。

なお、明智勢としても、勝竜寺城では生き残った兵をすべて収容するのも難しく、平城であったことからも、逃亡する兵が相次ぎ、約700にまで減っていたと言います。

その為、明智光秀は僅かな供だけを従えて、勝竜寺城を密かに脱出し、坂本城を目指して落ち延びました。

そして、その途中、小栗栖の藪(現在の明智藪)にて、土民の落ち武者狩りに遭い、そこで竹槍に刺されて絶命したとも、力尽きて家臣の介錯により自刃したとも伝わるのです。

この「明智藪」に関しては下記にて詳しくご紹介させて頂いております。

明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変と最後の地「明智藪」~詳細年表

さて、ついでと申し上げては失礼ですが、勝竜寺城を少し詳しくご紹介し、最後には豊臣秀吉の本陣「宝積寺」、明智光秀の本陣跡などの地図も掲載しておきます。

勝竜寺城

勝竜寺城(しょうりゅうじ-じょう)は、梯郭式平城で、1339年に北朝の細川頼春が築いたとされますが、それ以前から砦として使用されていたとも考えられます。

戦国時代になると松永久秀や三好三人衆の台頭により、淀古城とともに属城になっていたようです。

1568年、観音寺城の戦いでる六角義賢・六角義治に勝利した織田信長は、足利義昭を奉じて上洛します。
その上洛2日前である1568年9月26日に、柴田勝家、蜂屋頼隆、森可成、坂井政尚らが、桂川を渡って三好三人衆の岩成友通が守る勝竜寺城を攻撃しました。

岩成友通は足軽衆を全面に出して防戦しますが、織田勢は馬廻衆を繰り出して有利に戦い、三好勢の首級50余りあげて、上洛途中の織田信長の陣所・東福寺へ届けたと言われています。

織田信長は無事に上洛を果たしたあとの9月29日に、織田全軍での攻撃を命じて、織田信長自ら50000を率いて勝竜寺城を囲みます。
そのため、三好三人衆は降伏して、勝竜寺城は開城しました。

そして、織田信長は、芥川山城、越水城、高屋城をと次々に攻めては降伏させ、三好三人衆は畿内から阿波へ撤退を余儀なくされました。

1571年には細川藤孝が勝竜寺城主となり、2重の堀など大改修しました。
細川藤孝(細川幽斎)は、三条西実枝(さねき)から、この勝竜寺城には歌学の奥義である「古今伝授」(こきんでんじゅ)を受けました。

そして、槇島城と共に、織田信長が本願寺などを攻略する際の拠点として使われるようになっていきます。

ちなみに、明智光秀の娘・明智玉(細川ガラシャ)は、1578年8月にここで細川忠興と婚儀を挙げ、新婚生活を送ったとされています。

1581年、細川藤孝・細川忠興が宮津城へ移ったあとは、村井貞勝の家臣・矢部善七郎と矢部猪子兵助が勝竜寺城主となりました。
しかし、1585年、明智光秀の本能寺の変の直後には、明智勢の支配下となり、緊急の改修が施されました。

そのため、山崎の戦いで敗れた明智光秀は、一旦、勝竜寺城に入ったあと、坂本城を目指して落ち延びようとしました。

その後、山城・勝竜寺城には、勝利した豊臣秀吉が入城しましたが、勝竜寺城の石垣などが淀古城の修繕に使用されるなど、勝竜寺城は荒廃しました。

江戸時代になると山城長岡藩主となった永井直清が勝竜寺城を改修したようですが、勝竜寺城古城の北方に屋敷を構えるようにとの命を受けています。

のち、1649年、永井直清が摂津高槻藩に転封となり、勝竜寺城は廃城となりました。

現在は、本丸と沼田丸が勝竜寺城公園として整備され、模擬櫓などが再建されているのはご覧の通りです。
下記は勝竜寺城にある石碑を集めたものです。

勝竜寺城公園の駐車場ですが、下記の地図ポイント地点となります。
ただし、7台くらいしか止められず、平日でも休憩されている方が多いので、ギリギリ止められたと言う漢字でした。

地図は縮尺を変えてご覧願います。
また、勝竜寺城の北側にある神足神社にも立ち寄りました。

神足神社の土塁

神足神社は、その「神足」と言う名前から、走る事が仕事のような方の参拝が絶えないようです。

神の足と書く神社なので、スポーツ選手もたくさん参拝に来られるようです。

神足神社境内には、勝竜寺城の土塁跡が残されており、整備・保存されています。

結構、高さもある大きな土塁で、堀のようなものもありました。

本丸から離れた土塁をここまで保存・整備している例はあまりありませんので、非常に良い事だと存じます。

神足神社の駐車場も舗装されてきちんと整備されています。
下記の地図ポイント地点となりますが、2台くらいしか止められません。

最後に天王山にある宝積寺と山崎城です。

山城・山崎城と宝積寺

宝積寺(ほうしゃくじ)は、724年、聖武天皇の勅命を受けた行基による開基とされており、聖武天皇が夢で竜神から授けられたという「打出」と「小槌」を祀っています。
そのため通称は「宝寺」(たからでら)と言い、大黒天宝寺として商売繁盛のお寺として知られています。

宝積寺は山崎の戦いの際に、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が本陣を置いた場所となります。

1582年、本能寺の変のあと、羽柴秀吉の中国大返しに対して、明智光秀は男山城と山崎城へと、先に陣を張りましたが、結局、淀古城、勝竜寺城へと退却し、そのあと羽柴秀吉が高所で有利な山崎・宝積寺に本陣を置きました。

清洲会議の結果、羽柴秀吉は本拠地・長浜城を柴田勝家へ譲ったため、大きな拠点は黒田官兵衛から明け渡されていた姫路城のみでした。
しかし、柴田勝家と対決するには姫路は遠すぎたので、羽柴秀吉は、山麓にある宝積寺も含めて、山崎城を大改修して本拠地としたと考えられます。

宝積寺の境内には3重の塔がありますが、これは山崎の戦いの戦没者を供養する為に、豊臣秀吉がたった1日で築いたとされています。

山崎城(やまざきじょう)は、一時的とはいえ仮にも羽柴秀吉(豊臣秀吉)の居城となった城ですが、これは山崎の戦いのあと、清洲会議で長浜城を柴田勝家に譲ったあとの話です。
大坂城が完成するまで、豊臣秀吉は本拠地としていました。
宝積寺の境内右奥の下記から山崎城に登れます。

ただし、山崎城の最初の築城は1338年で、林直弘とされ、鳥取尾山城、天王山城、天王山宝寺城、宝寺城、山崎宝寺城、宝積寺城とも呼ばれました。

山崎は交通の要所であるため、古くから重視された拠点であり、山崎城主・薬師寺国長を破った細川晴元は、1538年3月に山崎城を自ら改修し、京都と芥川山城の繋ぎの城としました。

豊臣秀吉の山崎城は、宝積寺も城の一部となります。

幕末の1864年、禁門の変では尊皇攘夷派の真木保臣を始めとする十七烈士らの陣地となりました。

さて、宝積寺へのアクセス・行き方ですが、山崎駅の裏山となります。
かなりの急坂を登って行きますが、下記のポイント地点に参拝者用の駐車場もあります。

明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変と最後の地「明智藪」~詳細年表
本能寺の変と織田信長・明智光秀の関係に迫る
亀山城から本能寺の変は始まった~亀岡城訪問記(丹波亀山城)
明智秀満~本能寺の変を明智光秀が最初に相談した重臣
明智倫 (明智倫子、お倫)~明智光秀の長女
淀古城と淀城の違いや淀古城の戦い~茶々の産所となった淀城とは
細川忠興~文武両道の名将として戦国の世を・・
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名
本能寺のあと明智光秀に従った京極高次と武田元明
細川ガラシャの悲しい生涯を知って頂きたい(明智珠、明智玉)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…
  2. 阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る