種子島に鉄砲を伝えた倭寇の頭目・王直

王直

スポンサーリンク
スポンサーリンク

戦国時代の我が国に多大なる影響を与えた物のひとつに、鉄砲伝来があります。
鉄砲が九州の種子島に漂着したポルトガル人によって伝えられたのは、教科書でもおなじみですが、その背後には一人の中国人の姿がありました。それが、本項で紹介していく王直です。

王直(おうちょく)は、明国の徽州歙県(きしゅう・きゅうけん、現在の安徽省黄山市)に生まれ、本名を王鋥(おうとう)と言います。
彼の号は五峯(または五峰)、別名は老船主ないしは出身地に因んだ徽王がありました。
元々は塩商人をしていたが失敗した王直は、明による海禁政策に背いて禁制品の密貿易に関与し、後期倭寇の頭目にまで登り詰めます。

倭寇と言うと日本の海賊組織を連想しがちですが、日本人だけか日本人中心だったのは前期倭寇で、後期倭寇は中国人が多数を占めていたと言われています。
前期倭寇が元寇の報復から始まった日本人主体(中国・朝鮮系もいたが副次的存在)の武装組織だったのに対し、後期倭寇は中国人を中心に、日本を含むアジア諸国の民や西洋人も加えた多国籍の密貿易組織であり、彼はその1人だったのです。

 スポンサーリンク


王直が日本と関係性を持つようになったのは1540年、五島に来住したのが始まりで、1542年(天文11年)には肥前の松浦隆信に招聘されて平戸(長崎県)に移っています。
松浦家の家臣が隆信から聞書きした書物とされる『大曲記』によると隆信の代に中国大陸から渡来した「五峯」が唐風の屋敷を建てたことが記されており、日本側でも名の知れた人物であった事が伺えます。

元来、王直の拠点は双嶼(浙江省寧波)だったのですが、明の官憲から取り締まられることが幾度かあり、1548年に双嶼が攻められた時は烈港(浙江省)に移り、1553年に烈港に明軍が押し寄せると、彼は五島や平戸など日本の九州に拠点を移しています。
そうした定住性の無い活動をしていた時、王直のジャンク船が種子島に漂着し、鉄砲を我が国にもたらしたのです。
1543年(天文12年)のことでした。

その時、王直は種子島の歴史書『鉄炮記』によると西村織部丞時貫と筆談をした儒生・五峯として記録されており、領主の種子島時堯が同乗していたポルトガル人から2挺の鉄砲を2千両もの大金で購入しています。
それが戦国時代を大いに変える鉄砲の導入でした。

こうして国境を越えて活躍した王直でしたが、その晩年は悲惨なものでした。
1556年に同郷であった胡宗憲が浙江の総督に就任して倭寇討伐を開始すると、海禁解除を訴えて恩赦を得ようとします。
胡は王直に官位や助命を提案して彼を降伏させますが、明王朝は処刑を命じたため王直は死罪に処されます。
1560年1月22日の事でした。

我が国における王直の扱いは鉄砲伝来や南蛮貿易をもたらしたことや武士、商人にも信頼されたことから高く評価されています。
しかし、中国では倭寇と結託した売国奴と言う見方が未だに強く、日本人が安徽省に建立した王直の墓碑に彫られた名前を削り取る事件が起きています。

(寄稿)太田

松浦隆信と松浦鎮信は弱小勢力から脱却に成功~平戸城の訪問記
後陽成天皇~乱世を生き抜く処世術で皇室を生き残らせる~
川端道喜の献上餅物語~戦国時代に日本史を動かした京都の和菓子職人・渡辺五郎左衛門
大坂落城を生き抜いた豊臣家の侍女「おきく」の決死行
河村瑞賢~公共事業で旗本にまで登り詰めた大商人~
信長のシェフならぬ信長の料理番だった坪内某
北条時宗とは~元寇を退けた武断派の執権~

共通カウント



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。NHKの2017…
  3. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  4. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  5. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…

人気の戦国武将

  1. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。ま…
  4. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  5. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る