朝倉景健 (安居景健)~姉川の戦いでの朝倉勢大将


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 朝倉景健(あさくらかげたけ)は、越前朝倉家の一族の越前安居城主・朝倉景隆の末子として誕生したが、生年などは不明。

 1570年頃、父・朝倉景隆の嫡男や舎弟などが1年のうちに3人死去し、続いて父・朝倉景隆も死去。その為、末子の朝倉景健が跡を継いだ。

 朝倉景健は、1570年に織田信長が越前へ侵攻した際には、朝倉景健は1500を率いて防戦。
 その直後の姉川の戦いに朝倉勢の総大将として参陣するも徳川家康勢に押されて総崩れとなり、浅井長政の敗戦要因となった。
 その後の1570年9月20日、下坂本の合戦では、先鋒として山崎吉家らと共に織田家の森可成と織田信長の弟・織田信治ら750余人を討った。

 1573年8月13日、刀根坂の戦いでは、大敗して自刃しようとした主君・朝倉義景を説得して、越前国へ逃がすことに成功している。

 スポンサーリンク


 しかし、朝倉景鏡の手により朝倉義景が亡くなると、織田信長に降伏すると安居城と所領を安堵され、姓を「安居」(あご)と改めた。

 1574年、越前で一向一揆が起きると一揆勢に降伏。

 1575年、織田軍の越前再侵攻の際には一揆勢が劣勢となると織田勢へと再び叛意し、一揆の指揮官であった下間頼照・下間頼俊らの首を持参して織田信長に謁見。
 しかし、許されず、織田信長の命を受けた向久家により謀られて、1575年8月21日に自害させられた。
 朝倉景健の家臣・金子新丞父子、山内源右衛門の3名が追腹を切り殉死している。

 朝倉義景墓所が福井県大野市にある。

姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 15日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 古文書に魅了されて早うん年の戦国未来(せんごくミク)と申します。 今回ご紹介するのは、『以貴小…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  3. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る