お濃 濃姫 お濃の方 帰蝶 鷺山殿 謎多き生涯

濃姫 お濃
スポンサード リンク

 濃姫(帰蝶)は美濃の大名・斎藤道三の3女で1535年生まれとも。母は明智光継の娘である小見の方。
 兄弟には斎藤利治がいる。斎藤義龍(斉藤義竜)とは異母兄妹。
 明智光秀とは従兄妹同士という説もある。
 小見の方は、1532年に長井規秀(のちの斎藤道三)に嫁いだとされ、帰蝶の生まれ年は1535年と推測されている。
 「美濃国諸旧記」と「武功夜話」によると名前は帰蝶。
 斎藤道三の娘にして、織田信長の正室にも拘わらず史料が非常に少なくよくわかっていない。

 平手政秀の功もあり、帰蝶(13歳?)は1548年の秋に、織田信秀の嫡男・織田信長に嫁いだ。2人の間には子ができなかったとされる。
 斎藤家の菩提寺常在寺に父・斎藤道三の肖像を寄進した事は、良く知られているが、濃姫が織田家に嫁つぐ際「織田信長が、まことうつけ者であったならばこの刀で刺せ」と言う話は江戸時代に創作された物と推定できる。

 テレビドラマや小説などでは、度々登場する濃姫だが、結婚後の生涯は謎に包まれており不明な点が多く、織田信長が本能寺の変で明智光秀に敗れた後も、動向や没年など、良く分かっておらず、濃姫の墓所、墓石も特定されていない。
 その為、本能寺の変で、薙刀で明智勢に抵抗して討死したとする説もある。
 織田信長のことが多数記載されている「信長公記」でも、濃姫の事に関しては全く書かれていない。

 本能寺の変の直後、蒲生賢秀が安土城から、織田信長の子女・側室達を日野城に避難させたが、その中に「安土殿」と言う名が見え、その人物が濃姫だとする説もあり、織田信雄分限帳に「六百貫文 アツチ殿」と言う記述も見られる事から、本能寺の変のあとも生存していたと推測される。
 
 没年の説は下記の通り。

 斎藤義龍が1561年に病没したすぐあとに濃姫も死亡とも。濃陽諸士伝記にそのような記述がある。
 1556年とも? いくつかの史料で生駒吉乃の事を「御台」という正室の呼び名で記している事から、織田信忠が誕生した時にはすでに濃姫は織田信長の側を離れていたとする。そして、斎藤道三が1556年に亡くなったあと、濃姫は明智城に戻っていたが斎藤義龍が9月に明智城を攻め、命を落としたとする。およそ21歳。
 本能寺の変でなくなったと言う理由は、濃姫の遺髪を埋葬したとされる濃姫遺髪塚が岐阜県不動町にある為で、およそ47歳。
 1612年説では、大徳寺総見院の織田家墓所の織田家過去帳にある「養華院殿粟津妙大姉 慶長十七壬子七月九日信長公御台」から。およそ77歳。(実際の墓石に記された文字は解読不能)

 ただし、上記史料ではいずれも「御台」などと言う表現で、その御台が濃姫だと示す証拠はない為、正確な没年がわからないのである。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 スポンサード リンク

気になる戦国女性

  1. taigen
     太原雪斎(たいげん-せっさい)は、庵原城主・庵原政盛(庵原左衛門尉政盛)の子として1496年に生ま…
  2. 桶狭間の戦い
     戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。  今川義元の大軍…
  3. 長篠の戦い
     長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が12…

人気の戦国武将

  1. 武田の武将隊
     天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1862年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  2. 16kyou
     5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。  米沢にて虎哉和尚や片倉景綱…
  3. 江戸城
     戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。  戦国の世に生まれ、今川義元の人質で…

Twitter

 スポンサード リンク

ご共有御礼

ご共有、御礼申し上げます。



ページ上部へ戻る