理慶尼(勝沼松葉)~大善寺にある理慶尼の墓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 理慶尼(りけいに)の名(俗名)は松の葉、松葉。
 武田氏の第17代当主・武田信縄の子・勝沼信友の娘。
 勝沼信友は勝沼館主(勝沼城主)としても知られ、理慶尼(勝沼松葉)は武田信玄の従妹に当たる。

 兄に上野原加藤氏の名跡を継いだ加藤信厚がいる。

 理慶尼は1530年生まれで、同年代の武田家ゆかりの女性としては、武田信玄の側室・諏訪御料人が有名だ。

 1535年、郡内へ侵攻した相模の北条氏綱との山中湖畔における山中の戦いで、父・勝沼信友が討死。
 その後、長兄・勝沼信元が勝沼家250騎を継ぎ、1542年の諏訪頼重攻めから武田信玄に従い転戦したが、勝沼館は親族の今井信甫が入った。

 なお、高野山の引導院日牌帳によると、理慶尼はこの今井信甫の母とあるが、今井信甫は1488年生まれで1575年に没しているため誤記か?

 さて、松葉は雨宮良晴(雨宮織部正良晴、雨宮景尚)に嫁いだ。
 1546年に武田勝頼が生まれると、乳母を務めたともされる。

 スポンサーリンク


 しかし、1560年、長尾景虎(上杉謙信)の関東侵攻の際、秩父の藤田康邦(藤田右衛門)の調略に長兄・勝沼信元が乗り、謀反を企てたことが発覚。
 その為、雨宮良晴は勝沼松葉を離縁した。
 そして、武田信玄の命を受けた山県昌景が勝沼信元を誅殺し、勝沼家は断絶したため、戻るべき家が無い勝沼松葉は、大禅寺・護摩堂の阿閣梨慶弥に学ぶと尼となり理慶尼と称して小さな庵を構えた。
 なお、大善寺に入った際には子を宿しており、子孫を残した。(男女かは不明)

 

 そんな縁から1582年に新府城から岩殿山に逃れる武田勝頼北条夫人・武田信勝と共に、理慶尼の大善寺に1泊して、4人で本堂(薬師堂)に宿泊した。
 その武田勝頼一行には、かつての夫・雨宮良晴(雨宮織部正良晴、雨宮景尚)も従っていたようだ。
 新府城を出た際に700いた家臣らは、逃亡が相次ぎ、この大善寺を出発した際には200まで減っていたが、雨宮景尚は最後まで従い天目山の戦いで殉死した忠臣となった。

 その大善寺・薬師堂は現存し、現在、国宝に指定され内部を有料拝観できる。
 個人的にも非常におすすめな関東屈指の古刹だ。

 なお、理慶尼は武田勝頼の死までを記した「理慶尼記」(武田滅亡記、大善寺蔵)にて詳細に記録しており、真偽の問題はあるが非常に参考になる。

 

 慶長16年(1611年)8月17日、大善寺で82歳で没した。
 理慶尼が生んだ子の子孫は、代々大善寺の近くに住んだとされるが、享保年間に絶えたと言う。

 → 大善寺の詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 16日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る