明智倫 (明智倫子、お倫)~明智光秀の長女


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 明智倫(明智倫子)は明智光秀の三男四女の長女であるが、本当に「お倫」と言う名であったかは不明。
 大河ドラマ「軍師官兵衛」では、女優・石橋杏奈さんが演じた「明智倫」としてここではご紹介する。

 「嫡女ハ、永禄十二年ノ冬、十六歳ノ時、明智左馬助光春に妻アハセリ。」と、江戸時代に発刊された明智軍記に記載されているが、明智倫は最初、明石城主・荒木村次(父は荒木村重)に嫁いだ。

 しかし、有岡城主・荒木村重が謀反を起こし、織田信長と敵対したことから、明智光秀が松井友閑らと荒木村重を説得に出向いた際、明智倫は離縁して明智家に戻ったと考えられる。

 その為、織田信長による荒木一族の処刑も免れた訳だが、後に、明智倫は明智左馬助と再婚した。

 スポンサーリンク


 この明智左馬助は、明智秀満(あけち ひでみつ)であると推定され、明智一族だと考えられるが、元は三宅氏(遠山氏?)と名乗っていた可能性がある。
 いずれにせよ、明智倫を迎えて、明智姓を名乗り、文書的には1582年4月に確認できている。

 明智秀満は、明智光秀の家臣として、1581年には丹波福知山城代となり、明智光秀が織田信長を討った本能寺の変では先鋒となって京都の本能寺を襲撃した。
 羽柴秀吉との山崎の戦いでは、安土城の守備をしていたが、山崎で敗戦との知らせを受けて、後詰めとして出陣し、大津で堀秀政と戦った。しかし、敗れて坂本城に籠城。
 その後、明智光秀が亡くなったと言う報が入ると、覚悟を決めた明智秀満は、明智家が私利私欲の為に謀反をしたのではないと、城内にある財宝を集めて堀秀政に提出。
 そして、1582年6月15日の夜、明智光秀秘蔵の脇差を差したまま、明智光秀の妻子、並びに自らの正室・倫子を刺し殺(又は介錯)して、自ら坂本城に火を放って自害したとされる。

明智光秀と本能寺の変はこちら
天下分け目の山崎の戦いと勝竜寺城~明智光秀は遠慮して負けたか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  2. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る